【ボクシング】 アッサン・エンダム×村田諒太 WBA世界ミドル級タイトルマッチ 【試合結果】

さて、今回は2017年10月22日に東京、両国国技館で行われたWBA世界ミドル級タイトルマッチ、王者 アッサン・エンダムVS村田諒太についての記事になります。

自分はこの試合をフジテレビで視聴しました。

前回のボクシングの記事はコチラです。

【ボクシング】 ゲンナジー・ゴロフキン×サウル・アルバレス WBA、WBC、IBF統一世界ミドル級タイトルマッチ 【試合結果】
さて今回は2017年9月16日(日本時間17日)アメリカ、ネバダ州ラスベガスのT-Mobileアリーナで行われたWBA、WBC、IBF統一世界ミドル級タイトルマッチ、ゲンナジー・ゴロフキンvsサウル・アルバレスについての記事になります! ...

ついにやってきたこの日 村田諒太 ダイレクトリマッチ

衆議院選挙、そして台風が接近するこの日、ついに決戦です。

前回の納得のいかない判定負けを払拭する勝利を期待しました。ダイレクトリマッチというのは同じ結果になりやすいので、なんだか不安もあります。

まずは立ち上がりに注目です。今回はエンダムが前に詰めてくるスタイルをとりました。それに対し村田は少々固いのかなと思いましたが、パンチを出してそれがヒットしていたので「村田っていつもこんな感じだったな」という事を思い出しました。

村田のパンチがいい感じにエンダムを捕えていくうちに明らかにエンダムの動きが悪くなっていきました。エンダムの前に詰めていくスタイルは裏目に出てしまったように感じました。

その後も村田のパンチはエンダムを捕え続けもうエンダムはダウン寸前という状態です。

そして第8ラウンド開始前にエンダムが棄権、村田のTKO勝利となりました。

前回の敗戦を完全に払拭したTKO勝利。最高です。試合後のインタビューもいい感じでしたし、何よりチャンピオンベルトが似合っていました。

オリンピック金メダリストで世界タイトル奪取、そして竹原慎二以来、日本人で2人目のミドル級の世界タイトル奪取と本当にいいものを見せてくれた村田諒太選手には本当に感謝しています。

比嘉大吾 初防衛戦

村田の試合の前に、WBC世界フライ級タイトルマッチ、王者 比嘉大吾VSトマ・マソンが行われました。比嘉の初防衛戦となります。

ガードを固め、比嘉の打ち終わりを狙ってくるトマ・マソンに対し比嘉はスピードとパワーのある左アッパーの連打で活路を見出します。

比嘉の連打はトマ・マソンのガードをこじ開け、ボディーや顔面にパンチが当たり始めます。最終的にトマ・マソンは棄権するように膝をつき、比嘉の第7ラウンドTKO勝利となりました。

これで比嘉はデビューから14連続KO勝利と凄まじい戦績となりました。次にKO勝利すると日本記録に並ぶようです。

村田諒太と比嘉大吾の今後は

村田諒太選手にはやはりミドル級の統一戦までいってもらいたいと思っていますが、まずはタイトルの防衛戦でしょう。ミドル級のタイトルを防衛すれば日本人初となります。

比嘉選手は連続KO記録もありますが、試合後のインタビューでも言っていた井岡との統一戦に期待したいです。(実現する可能性は低そうですが…)

しかしこの日は本当にいい夜になりました。日本人選手達には本当にありがとうと言いたいです。これからも期待しています!

次の記事はコチラです。

【ボクシング】拳四朗×ペドロ・ゲバラ WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ 【試合結果】
さて、今回は2017年10月22日に東京、両国国技館で行われたWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ、王者 拳四朗vsペドロ・ゲバラについての記事になります! 自分はこの試合をBSフジで視聴しました。 前回のボクシングの...

•追記 2018.1

村田諒太の初防衛戦は4月15日、横浜アリーナにて同級10位のエマヌエーレ・ブレンダムラに決定しました。

比嘉大吾の2度目の防衛戦は2月4日に比嘉の地元である沖縄県武道館で同級10位で元2階級制覇王者のモイセス・フエンテスに決定しています。

両者共にしっかりと勝って防衛してもらいたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました