【ボクシング】 ダニエル・ローマン×松本亮 2018.2.28 WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ 【試合結果】

さて、今回は2月28日に後楽園ホールで行われたWBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ、王者 ダニエル・ローマンvs松本亮についての記事になります!

自分はこの試合をフジテレビで視聴しました。

世界初挑戦の松本亮 相手はダニエル・ローマン

世界初挑戦となる松本亮の相手は、2017年9月に久保隼から王座を奪取した”童顔の暗殺者”ダニエル・ローマンです。ローマンは初防衛戦となります。

ダニエル・ローマンが王座を奪取した時の記事はコチラです。

【ボクシング】久保隼×ダニエル・ローマン WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ 【試合結果】
さて、今回はボクシング、久保隼vsダニエル・ローマンの記事になります! 前回のボクシングの記事はコチラです。 久保隼の初防衛戦 相手はダニエル・ローマン BSフジにて放送されたWBA世界スーパーバンタム級タイトルマ...

この試合はフジテレビで深夜に放送されました。残念ながら関東ローカルのようですが、BSフジでの放送もあるようです。

松本亮は大橋ジム所属、長身で抜群のルックスを誇っています。デビューから連勝を続けていきましたが、2016年に副甲状腺機能亢進症(こうしんしょう)を発症し手術、復帰後も怪我に見舞われるなどのアクシデントがありながらも今回世界タイトル挑戦に漕ぎ着けました。

試合結果と感想

そのタイトルマッチの立ち上がりは比較的静かなものでした。探り合いの雰囲気がありましたがややローマンに力強さを感じました。

抜群のKO率(21勝のうち19KO)を誇る松本のパンチは威力はありそうですが、距離を詰めてくるローマンに有効打が決まりません。

少しでもローマンを下がらせることができれば主導権を握れそうですが、ローマンは下がりません。

回転の速いローマンが内側から攻め、僅かにローマンが優勢かという状態でラウンドが進んでいきます。

結局同じような展開を松本は打破できず、12ラウンド終了。3-0の判定で松本は敗れ、ローマンの初防衛成功となりました。

大差の判定負けとなってしまいましたが、松本にチャンスが無かったわけではなく、いい所もたくさんあったと思います。松本はローマンとどうも手が合わないといった感じがありました。

松本はもっと足を使ったファイトスタイルを取り入れればさらに強くなるのではという感じを受けましたので、今後に期待したいと思います。

ローマンはなんというか勤労的なスタイルでいい選手だなと思いました。タイトルを奪取した久保戦よりもさらに力をつけているという印象を受けました。

今後は亀田知穀との対戦も期待できるので楽しみにしていきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました