【新日本プロレス】 レスリングどんたく2018でオカダ・カズチカが棚橋弘至を破り新記録のV12を達成! 【試合結果】

さて、今回は2018年5月4日に行われた新日本プロレス、レスリングどんたく2018、福岡国際センター大会についての記事になります!

自分はこの大会をテレ朝チャンネル2ワールドプロレスリングLIVE2018で視聴しました。

前回の記事はコチラです。

【新日本プロレス】 約3年ぶりの熊本大会で内藤哲也がIWGPインターコンチネンタルを奪取! 【試合結果】
さて、今回は2018年4月29日に行われた新日本プロレス、レスリング火の国2018、グランメッセ熊本大会についての記事になります! 自分はこの大会をテレ朝チャンネル2、ワールドプロレスリングLIVE2018で視聴しました。 前回...

5月恒例の福岡大会 レスリングどんたく

新日本プロレス毎年5月恒例のレスリングどんたく、福岡大会です。

この福岡でも満員の客入りとなっていました。

この大会では全9試合が行われています。

田口隆祐、タイガーマスク、獣神サンダー・ライガー vs 上村優也、成田蓮、海野翔太

オープニングマッチは新日本隊ジュニアのベテラン3人とヤングライオン3人による6人タッグです。

ゴングの鳴る前からヤングライオンは果敢に攻めていきます。成田蓮などはいい動きを見せましたが最後は田口隆祐アンクルホールドでギブアップを奪われてしまいました。

岡倫之、永田裕志 vs チェーズ・オーエンズ、高橋裕二郎

高橋裕二郎はいつものピーターさんではなく、地元九州のダンサーゆりさんを伴っての入場です。

いつものように高橋裕二郎に注目ですが、ヤングライオン岡倫之の頑張りにも注目です。

は気合は入っていたものの、大きな見せ場を作ることは出来ずにチェーズ・オーエンズパッケージドライバーに沈んでしまいました。は技のあいだに少し間が空くのが気になりました。高橋裕二郎は特に見所が無く、どこか動きが重たい感じがしました。

SHO、YOH、ロッキー・ロメロ vs TAKAみちのく、タイチ、飯塚高史

ロッポンギ3k鈴木軍の6人タッグマッチです。

タイチの大きさと重みの目立つ試合でした。最後はSHO、YOHの合体技の3kTAKAみちのくが3カウントを奪われました。

トーア・ヘナーレ、真壁刀義 vs 矢野通、石井智宏

ここのところよく見る気がするカードです。

この4人の中でのキーマンはトーア・ヘナーレです。期待にそぐわぬ頑張りを見せて石井智宏を追い詰めますが、最後は垂直落下式ブレーンバスターで敗れてしまいました。

マイケル・エルガン、デビット・フィンレー、ジュース・ロビンソン vs YOSHI-HASHI、ジェイ・ホワイト、後藤洋央紀

この6人の中でジェイ・ホワイトは頭ひとつ分飛び抜けた存在になったと感じました。

怪我で調子の悪そうなYOSHI-HASHIですが、最後は必殺技のカルマデビット・フィンレーから3カウントを奪いました。

試合後にジェイ・ホワイトの持つUSヘビー級ジュース・ロビンソンが、後藤洋央紀が持つNEVER王座マイケル・エルガンタイチがタイトル争いの展開を見せています。

高橋ヒロム、BUSHI、SANADA、EVIL、内藤哲也 vs エル・デスペラード、金丸義信、デイビーボーイ・スミスJr、ランス・アーチャー、鈴木みのる

この試合から解説に参加した獣神サンダー・ライガーの声がガラガラだったのが少し気になりました。博多の夜にカラオケでも歌ったのでしょうか。

ここのところ抗争を繰り広げてきたロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン鈴木軍による10人タッグマッチですが、内藤哲也デスティーノ金丸義信から3カウントを奪い、ロスインゴの完勝という結果に終わりました。

試合後引き揚げていく内藤を観客席に潜んでいたマスクマンが襲撃します。そのマスクマンの正体は1月5日内藤を襲撃してから音沙汰が無かったクリス・ジェリコでした。

クリス・ジェリコの顔にはメイクが施されていましたが、その意図はちょっとわかりませんでした。

クリス・ジェリコに襲撃されて内藤は流血し、かなり血まみれの顔になってしまいました。ゴングで殴られるまえに血が出ていたのはちょっと気になってしまいました。

クリス・ジェリコは相変わらずのハチャメチャぶりを見せつけて去っていきました。

今後内藤クリス・ジェリコの展開には注目です。

タンガ・ロア、タマ・トンガ、バッドラック・ファレ、飯伏幸太、ケニー・オメガ vs ニック・ジャクソン、マット・ジャクソン、マーティ・スカル、ハングマン・ペイジ、Cody

いまだ内紛状態のバレットクラブによる10人タッグマッチです。

試合はバッドラック・ファレに押しつぶされたマーティー・スカルが3カウントを奪われています。

この日も決着がつかず、ケニー・オメガCodyを除いた状態でバレットクラブ全員が結束しました。この光景を見てひとつ思ったのは、全員がひとつのチームだと人数が多すぎるということですね。

IWGPジュニアヘビー級選手権試合 王者 ウィル・オスプレイ vs KUSHIDA

非常にスピードのあるハイレベルな攻防戦となりました。

特にKUSHIDAの攻めは厳しく、首を痛めているウィル・オスプレイを追い詰めていきます。

オスプレイも信じられないような技で反撃していきます。しかしエアーアサシンはいつもオスプレイ自身のお腹が痛そうです。

最後はKUSHIDA雪崩式のバックトゥザフューチャーを狙いますがそれを雪崩式のオスカッターで切り返してから新技のストームブレイカーオスプレイが3カウントを奪い、3度目の防衛に成功しました。フィニッシュホールドがオスカッターではなくなったのはいいと思います。

敗れはしたものの、この日のKUSHIDAは強かったです。

試合後にタマ・トンガが連れてきたNEW BONE SOLDIERオスプレイを襲撃、そしてマスクを脱いで明らかになった正体はなんとプロレスリングノアを退団してアメリカで試合をしていくと思っていた石森太二でした。これは自分としては予想外でかなりの衝撃でした。

今後、石森の新日マットでの戦いぶりには注目です。

それにしても平沢光秀はどこにいってしまったのでしょうか…

IWGPヘビー級選手権試合 王者 オカダ・カズチカ vs 棚橋弘至

棚橋弘至IWGP防衛V12を止めたオカダ・カズチカ。そのオカダV12を止めるべく挑戦してきた棚橋とのIWGPタイトルマッチです。

ニュージャパンカップ決勝で負けたのにすぐ挑戦してくるところはやや興ざめですが、棚橋がどれだけの頑張りをみせてくれるのか注目です。

この日の棚橋は泥臭く、挑戦者らしい戦いぶりでした。試合内容も非常に良く、あわやという場面もありましたが、最後はオカダレインメーカーに沈み、V12を許す結果となりました。

しかしこの日の棚橋の頑張りは素晴らしいものがあり、棚橋はまだやれるというところをみせてくれました。

試合後にオカダが次期挑戦者に指名したのは昨年の大阪城ホールで引き分けとなったケニー・オメガでした。

オカダ時間無制限という提案に対し、ケニー・オメガはさらに3本勝負という提案を出しました。それによって6月9日大阪城ホール大会で時間無制限3本勝負のIWGPタイトルマッチが行われることになりそうです。

新日本プロレスの次期シリーズはベスト・オブ・ザ・スーパージュニアということですので、そちらも期待していきたいと思います!

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア優勝決定戦の記事はコチラです。

【新日本プロレス】 ベストオブザスーパージュニア.25は高橋ヒロムが初優勝! 【試合結果】
さて、今回は2018年6月4日に行われた新日本プロレス、ベスト・オブ・ザ・スーパー・ジュニア.25優勝決定戦である後楽園ホール大会の感想、試合結果についての記事になります! 自分はこの大会をテレ朝チャンネル2のワールドプロレスリングL...

テレ朝チャンネル2スカパー!で視聴することができます!

加入方法や料金などについてはコチラをご覧ください。

プロレスを見るならスカパー! おすすめのパック・セットや料金、加入方法は?
プロレスをテレビで視聴することのできるスカパー!のチャンネル、おすすめのパック・セットや加入方法、料金を紹介します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました