【新日本プロレス】 2017.10.9 両国国技館大会 【試合結果】

さて今回の記事は2017年10月9日に行われた新日本プロレス、両国国技館大会についての記事になります!

自分はこの大会をテレ朝チャンネル2の生中継で視聴しました。

新日本プロレス 秋のビッグマッチ 両国国技館大会

毎年恒例の新日本プロレス、秋のビッグマッチである両国国技館大会です。

試合順で追っていくとまず注目はIWGPジュニアタッグ選手権試合、王者田口隆祐、リコシェvsX、Xです。

このXというのは海外遠征していた小松洋平田中翔でした。ロッキー・ロメロとのユニット、ロッポンギ3kYOHSHOという名前になりました。

凱旋帰国したヤングライオンのご多分に漏れず、YOHとSHOもインパクトを見せていました。田口、リコシェも非常に良く、なかなかの試合内容だったと思います。

結果はYOH、SHOの合体技、3kでリコシェから3カウントを奪い、ロッポンギ3kが新チャンピオンとなりました。

まだ1試合ではロッポンギ3kの真価は分かりませんが、今後大いに期待できるコンビであると言えるでしょう。

田口、リコシェも非常にいいタッグなのでこれからも試合を見たいですが、リコシェはいつも海外移籍を噂されているために今後どうなるのかわかりません。

そしてIWGPジュニアヘビー級選手権試合、王者KUSHIDAvsウィル・オスプレイです。KUSHIDAは3度目の防衛戦となります。

お互いのレベルが非常に高く、どちらが技をかけているか分からないような返し技がいくつかありました。

その中でもオスプレイの技は驚くような技の連続でした。結果はオスカッターでオスプレイの初戴冠となりました。

この試合は放送の面でも注目点がありました。それはテレ朝アナウンサー田畑祐一の17年ぶりの実況です。

90年代にプロレスを見てきた自分としては懐かしいものがありました。ライガーの試合といえば田畑という印象がありましたね。実況の内容も衰えてはいないように感じました。

メインイベントはIWGPヘビー級選手権試合、王者オカダ・カズチカvsEVILです。

オカダとEVILによるこの試合はIWGPヘビーの新時代と呼べるものだと思います。内容も悪くなく、IWGPヘビー級タイトルマッチに求められる水準を満たしていたように思えました。

結果はレインメーカーでオカダが勝利、8度目の防衛ということになりました。

1.4東京ドームのメインはセミファイナルの東京ドームIWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦石井智宏デスティーノで勝利した内藤哲也とオカダということになりました。

両国国技館大会 全体の感想は

どの試合もどこかに見せ場があり、今後につながる展開を見せていてなかなか良い興行だったように感じました。

全日本プロレス、プロレスリングノアは試合の内容でそれほど劣っているとは思いませんが、やはり団体の規模という点では非常に大きな差があります。今回の両国国技館と同じ規模の興行とするには全日本、ノア、W-1などが合同でやらなければならないでしょう。

これからもそれぞれの団体の展開を期待して見ていきたいと思っております!

テレ朝チャンネル2スカパー!で視聴することができます!

次の記事はコチラです。

【新日本プロレス】 2017.12.11 福岡国際センター大会 【試合結果】
さて、今回は2017年12月11日に行われた新日本プロレスの福岡国際センター大会についての記事になります! 自分はこの大会をテレ朝チャンネル2のワールドプロレスリングLIVEで視聴しました。 ワールドタッグリーグ2017 優勝決定戦...

コメント

タイトルとURLをコピーしました