【新日本プロレス】 IWGPヘビーは3WAYマッチを制したケニー・オメガが防衛! 【試合結果】

さて、今回は2018年10月8日に行われた、新日本プロレス、KING OF PRO-WRESTLING・両国国技館大会の試合結果、感想についての記事になります!

自分はこの大会をテレ朝チャンネル2ワールドプロレスリングLIVE2018で視聴しました。

テレ朝チャンネル2に関する記事はコチラです。

新日本プロレスを視聴するならテレ朝チャンネル2! 【スカパー!】
新日本プロレスの主要大会の生中継や完全版、過去のワールドプロレスリングを視聴することのできるテレ朝チャンネル2を紹介する記事となっています!

新日本プロレス 秋の両国国技館大会

新日本プロレス毎年恒例、体育の日に行われる両国国技館大会です。

カードラインナップとしてはそれほど強いという印象はありませんが、それでも9152人という客入りで満員と呼べるものになっていて、雰囲気も上々なものでした。

新日本プロレスのチケットはチケットぴあで購入することができます!

10月8日 両国国技館大会 試合結果と感想

この大会ではIWGPヘビー級選手権試合など全9試合が行われています。

IWGPジュニアタッグ選手権試合 王者 エル・デスペラード、金丸義信 vs タイガーマスク、獣神サンダー・ライガー

ベテランのタイガーマスク獣神サンダー・ライガー組IWGPジュニアタッグに挑戦です。勝利することになれば6年ぶりの王座返り咲きです。

タイガー、ライガー組はスピード感のある攻めを見せますが、エル・デスペラード金丸義信の反則を絡めた連携によって攻めきることができず、最後はエル・デスペラードピンチェ・ロコタイガーマスクが3カウントを奪われて王者組が4度目の防衛を果たしています。

タイガー、ライガー組は久しぶりのタイトル戦でしたが、年齢を感じさせない良い動きを見せていたのでまだこれからも頑張ってもらいたいです。

本間朋晃、真壁刀義 vs トーア・ヘナーレ、ジュース・ロビンソン

本間朋晃真壁刀義GBHが復活です。

復帰して3か月ほどが経った本間ですが、まだ若干技の間隔が長い印象があります。

それでも本間真壁が攻め続け、最後は本間こけしから真壁キングコングニードロップトーア・ヘナーレから3カウントを奪ってGBHの復活を印象付けました。

チェーズ・オーエンズ、ハングマン・ペイジ、ニック・ジャクソン、マット・ジャクソン vs 石森太二、タンガ・ロア、タマ・トンガ、バッドラック・ファレ

バレットクラブエリートバレットクラブOGの8人タッグマッチです。

それぞれの持ち味を出した賑やかな試合でした。

最後は粘りを見せるチェーズ・オーエンズに合体式のガンスタンを決めてタマ・トンガが3カウントを奪っています。

バレットクラブエリートバレットクラブOGの抗争は未だ平行線で、どういった決着になるのかまだ見えてきません。

ウィル・オスプレイ、後藤洋央紀、石井智宏 vs 飯塚高史、タイチ、鈴木みのる

CHAOS鈴木軍による6人タッグマッチです。

鈴木みのるの保持するRPWブリティッシュヘビー級王座に挑戦することが決まっている石井智宏の2人は激しいエルボー合戦を見せます。

最後はウィル・オスプレイタイチストームブレイカーを完璧に決めて3カウントを奪いました。

これによってタイチNEVER王座オスプレイが挑戦することが濃厚となりました。実現すれば楽しみなタイトルマッチです。

SHO、YOH、矢野通、オカダ・カズチカ vs X、BUSHI、SANADA、内藤哲也

内藤哲也が呼び込んだ新しい”パレハ”、XはTHE DORAGON、鷹木信悟でした。

この大会の前日にドラゴンゲートで最後の試合を終えたばかりの鷹木内藤と同い年で旧知の仲です。

鷹木は確かな存在感を見せて必殺技のラストファルコンリー改めラストオブザドラゴンSHOから3カウントを奪っています。

鷹木はヘビーとジュニアのどちらでやっていくのか気になるところですが、今年の全日本プロレスチャンピオンカーニバルでスーパーヘビー級を相手に素晴らしい試合を見せてくれたのでヘビー級でやってもらいたいと思っています。

EVIL vs ザック・セイバーJr

EVILの入場時に従者に化けたクリス・ジェリコが襲撃してEVILが戦闘不能になりこの試合は行われず、ノーコンテストとなってしまいました。

この試合は見たかったのでクリス・ジェリコには試合後に入ってきてほしかったです。

IWGPジュニアヘビー級王座決定戦 KUSHIDA vs マーティ・スカル

KUSHIDAマーティ・スカルというプロレスの上手い実力者の攻防はレベルの高いものでした。

結果はバックトゥザフューチャー2連発でKUSHIDAが3カウントを奪い、IWGPジュニアの新チャンピオンになっています。

IWGPヘビー級王座挑戦権権利証争奪戦 棚橋弘至 vs ジェイ・ホワイト

9月23日の神戸大会でオカダを裏切って外道と結託したジェイ・ホワイト棚橋弘至のIWGPヘビー級王座挑戦権利証に挑戦です。

たびたび介入してくる外道ジェイ・ホワイトのラフファイトに苦しみましたが最後はブレードランナーを切り返してのスモールパッケージホールドで丸め込み3カウント、棚橋が権利証を守りました。

試合後に棚橋に攻撃をしかけるジェイ・ホワイトを止めるためにオカダがやってきたのですが、それを制するために邪道が登場、そしてバレットクラブOGの面々がやってきて邪道外道ジェイ・ホワイトが結託しオカダが痛ぶられる展開となりました。

IWGPヘビー級選手権試合3WAYマッチ 王者 ケニー・オメガ vs Cody vs 飯伏幸太

バレットクラブエリートの提供するIWGPヘビータイトルマッチといった感じの試合です。

IWGPヘビーのタイトル戦が3WAYマッチというのは自分としては乗り切れない部分がありますが、試合内容としては内容の濃いものでした。

特にCodyの巧さというものが光っていたように思えます。最後はケニー・オメガ飯伏幸太から片翼の天使で3カウントを奪って3度目の防衛に成功しています。

両国国技館大会を終えて、今後の展開は

この日の両国大会は今後の展開を感じさせるものが多くありました。

まずタイチの持つNEVER王座ウィル・オスプレイが挑戦することが濃厚です。

そしてロスインゴに新加入した鷹木信悟がどのような動きを見せていくのか。

EVILクリス・ジェリコのシングルマッチも組まれることでしょう。

バレットクラブOGと結託した邪道外道ジェイ・ホワイトオカダ・カズチカの因縁も気になるところです。

そして1月4日東京ドームのメインがケニー・オメガ vs 棚橋弘至に決定しました。傷だらけの棚橋が意地を見せてくれることに自分は期待しています!

テレ朝チャンネル2スカパー!で視聴することができます!

加入方法や料金などについてはコチラをご覧ください!

プロレスを見るならスカパー! おすすめのパック・セットや料金、加入方法は?
プロレスをテレビで視聴することのできるスカパー!のチャンネル、おすすめのパック・セットや加入方法、料金を紹介します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました