【新日本プロレス】 北海きたえーるで内藤哲也がタイチを破ってIWGPインターコンチネンタル王座を防衛! 【試合結果】

さて、今回は2019年2月2、3日に行われた、新日本プロレス THE NEW BEGINNING in SAPPORO 雪の札幌2連戦 北海きたえーる大会の試合結果、感想についての記事になります!

自分はこの大会をテレ朝チャンネル2ワールドプロレスリングLIVE2019の生中継で視聴しました。

新日本プロレス 2019年の冬の札幌大会は2日間の連続開催

いつも何か事件がおこる新日本プロレスの冬の札幌大会。2019年は2日間の連続開催となりました。

タイトルの前哨戦が中心だった2日の観客数は4868人(ホームページによる)、タイトル戦が行われた3日は満員の6089人の観客を動員しました。

今回は3日に行われた試合の中で印象に残った試合について触れていきたいと思います。

トーア・ヘナーレ vs 辻陽太

2018年4月にデビューの辻陽太がヤングライオンのひとつランクが上と言えるトーア・ヘナーレに挑む一戦です。

ヘビー級と呼べる体を作り上げた辻陽太は気迫を前面に出してトーア・ヘナーレに向かっていきます。

最後はキャリアで勝るトーア・ヘナーレのTOAボトムで敗れてしまいましたが、デビュー1年足らずのキャリアを考えると辻陽太の戦いぶりは今後かなり期待できるものがあります。

2日の第1試合に出場した成田蓮と上村優也やここのところタッグを組んでいるK-DOJOのホープ、吉田綾斗と海野翔太など新日本プロレスの若手は層が厚くて期待感が充分です。

トーア・ヘナーレもトップ選手にどんどん挑んでいけるようなチャンスを与えてもらえることを期待したいところです。

成田蓮、天山広吉 vs TAKAみちのく、飯塚高史

かつて飯塚高史と友情タッグを組んで天山広吉が目を覚ますように問い掛けましたが、飯塚高史に届きません。

アイアンフィンガーフロムヘルを天山広吉を炸裂させて2日間連続の反則負けとなっています。

試合後に飯塚高史はマイクを手に取って何か喋るのではと会場は期待しましたが、なにも喋ることはなくマイクのコードで天山広吉の首を絞めるのみでした。

2月21日の飯塚高史の引退試合では天山広吉が目を覚まさせる事ができるかどうかが最大の注目点という展開となっています。

IWGPジュニアタッグ選手権試合 王者 鷹木信悟、BUSHI vs エル・デスペラード、金丸義信

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンと鈴木軍によるタイトル戦のひとつめであるこの試合はそれぞれの持ち味が良く出た好勝負となりました。

この4人の選手たちはそれぞれ異なったルーツを持っています。

エル・デスペラードは新日本プロレス、金丸義信は全日本プロレスからプロレスリングノア、鷹木信悟はDORAGON GATE、BUSHIは武藤全日本の出身です。

ここ数年は団体間の交流も盛んとなっているので団体が異なっていてもそこまでプロレスに違いはありませんが、そういった事を考えて試合を見るとまた面白いものがあります。

結果は鷹木信悟とBUSHIが合体技のリベリオンで金丸義信から3カウントを奪って初防衛に成功しています。

今後、IWGPジュニアタッグはしっかりと展開を作って挑戦者を決めていってもらいたいと思います。

意味のわからない3WAYマッチや飽き飽きするほどのリマッチの連続とならないようにしてもらいたいものです。

IWGPタッグ選手権試合 王者 SANADA、EVIL vs ザック・セイバーJr.、鈴木みのる

このタイトルマッチも4人の持ち味が噛み合っていい試合となりました。

結果はSANADAがラウンディングボディプレスで鈴木みのるから3カウントを奪って王者組の初防衛成功となりました。

敗れはしましたが、若い3人に混じって50才の鈴木みのるが遜色のないファイトを見せていることが驚きです。

IWGPタッグもしっかりとしたマッチメークをして、格式の高い試合を見せてくれていってくれることを期待しています。

IWGPインターコンチネンタル選手権試合 王者 内藤哲也 vs タイチ

内藤哲也の入場時に飯塚高史が脚立で襲撃、さらにタイチが花道上でブラックメフィストを決めて内藤哲也は動かなくなってバックステージに下がっていってしまいました。

数分後に内藤哲也が戻ってきて試合が開始されましたが、試合をやる、やらないといった時間かなり長く続きました。

これは正直言ってお粗末に感じてしまうものがありました…

戻ってきた内藤哲也はふらつき、力が入らない状態でしたが場外に据えられた机へのパイルドライバーを決めて息を吹き返していきます。

タイチもストレッチプラムやデンジャラスバックドロップ(本家とは違い捻りが入っています)などの川田利明殺法で内藤哲也を追い詰めていきます。

試合前には川田利明が店主を務める「麺ジャラスK」でタイチは取材を行っています。そこで取材を行うことでタイチが川田利明の技を使うことの説得力が増していると思います。

最終的に内藤哲也はめったに出さないバレンティアを繰り出してからデスティーノで3カウントを奪って初防衛に成功しています。

敗れてしまいましたがタイチもいいところを沢山見せてくれました。実力は持っているのでもっとタイトル戦線に絡んできてほしいと思います。

結局、3つのタイトル戦はロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの3勝ということとなりましたが、鈴木軍の実力の高さというのも充分に感じることができました。

次のビッグマッチは大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)

新日本プロレス、次のビッグマッチは2月11日の大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)大会です。

注目はIWGPヘビー級選手権試合の棚橋弘至vsジェイ・ホワイトです。

ここでジェイ・ホワイトが新しい時代を作るにはただ勝つだけではなく、相当なインパクトと説得力を見せなければならないでしょう。

どのような内容と結果を見せてくれるのか非常に楽しみです!

新日本プロレスのチケットはチケットぴあで購入することができます!

ワールドプロレスリングLIVE2019を放送しているテレ朝チャンネル2スカパー!で視聴することができます!

テレ朝チャンネル2についての記事はコチラです。

新日本プロレスを視聴するならテレ朝チャンネル2! 【スカパー!】
新日本プロレスの主要大会の生中継や完全版、過去のワールドプロレスリングを視聴することのできるテレ朝チャンネル2を紹介する記事となっています!

スカパー!の料金や加入方法についてはコチラをご覧ください!

プロレスを見るならスカパー! おすすめのパック・セットや料金、加入方法は?
プロレスをテレビで視聴することのできるスカパー!のチャンネル、おすすめのパック・セットや加入方法、料金を紹介します!

ニュージャパンカップ2019決勝戦についての記事はコチラです。

【新日本プロレス】 ニュージャパンカップ2019はオカダ・カズチカの優勝! 【試合結果】
2019年3月24日に行われた新日本プロレス、ニュージャパンカップ2019決勝アオーレ長岡大会の試合結果や感想です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました