【プロレスリングノア】 グローバルタッグリーグ2018は潮崎豪&清宮海斗組が優勝! 【試合結果】

さて、今回は2018年4月11日に行われたプロレスリングノア、グローバルタッグリーグ2018後楽園ホール大会についての記事になります!

自分はこの大会をファイティングTVサムライで視聴しました。

前回の記事はコチラです。

【プロレスリングノア】 拳王が王座陥落。杉浦貴が4度目のGHC戴冠! 【試合結果】
さて、今回は2018年3月11日に行われたプロレスリングノア、GREAT VOYAGE 2018 in YOKOHAMA、横浜文化体育館大会についての記事になります! 自分はこの大会を日テレジータス(G+)のプロレスリングノアスペシャ...

グローバルタッグリーグ2018決勝戦

この日の後楽園ホール大会ではグローバルタッグリーグ2018の決勝戦が行われましたが、客入りとしてはかなり淋しいものがありました。(ホームページによると観客数は830人)

平日の開催ということを考えても少し厳しいものがあると言わざるを得ないでしょう。

この日に行われた全9試合について触れていきたいと思います。

小川良成 vs 宮脇純太

オープニングマッチは定番ともいえる小川良成宮脇純太のシングルマッチです。

宮脇はこれといったものを見せることが出来ずに小川キーロックに敗れてしまって残念でした。

3WAYマッチ 齋藤彰俊 vs 井上雅央 vs 諸橋晴也

この試合は井上雅央3WAYマッチという舞台でどれだけ楽しませてくれるかという所が最大の注目点ですが、ある程度期待通りのものを見せてくれました。

最後は齋藤彰俊スイクルデス井上が沈んでいます。

マイバッハ谷口、長井満也 vs コーディ・ホール、KAZUMA SAKAMOTO

グローバルタッグリーグ戦で対戦したカードと同一です。その時はコーディ・ホール、KAZUMA SAKAMOTO組が勝利しています。

マイバッハ谷口、長井満也組らしく場外戦から試合は始まりましたが、中盤からはリング内での試合となり、最後は谷口マイバッハボム・ツヴァイコーディ・ホールから3カウントを奪い、リーグ戦の雪辱を果たしました。

熊野準 vs YO-HEY

この試合の注目は熊野準がどれだけいいところを見せる事ができるかというところです。

熊野はいい流れで様々な種類のバックブリーカーを繰り出していき、勝利目前というところまでいきましたが、最後はYO-HEY顔面G一発で3カウントを奪われて敗れてしまいました。

ちょっと負け方がよくないと思いました。熊野はもっと技を増やしてもいいと思いますし、試合展開をもう少し改善する必要があるのではないでしょうか。

タダスケ vs 田中稔

ベテランの田中稔にパワーが持ち味のタダスケが挑む一戦です。

タダスケはかなりいい攻めをみせて田中を追い詰めましたが、最後はヒザ十字固め田中が逆転勝ちを収めました。

タダスケは確実に成長しているようで、今後が楽しみな選手です。

大原はじめ vs HAYATA

大原はじめHAYATAによる実力者同士のシングルマッチです。

互いにスピードのある攻めをみせ、見応えのある攻防戦となりました。

最後はムイビエンで苦手意識があるというHAYATA大原が破っています。

原田大輔 vs Hi69

石森太二退団に伴ってパートナーを失ったHi69田中稔と組むこととなり、GHCジュニアタッグタッグ選手権者トーナメントにどういった形で臨むかという所に注目なのですが、GHCジュニアチャンピオン原田大輔とのシングルマッチということで、今後を占うという意味では格好の相手です。

Hi69は気合が入っているようで積極的に原田を攻め、終盤に得意のハードコアファイトの要素を見せつける場外で机の上に原田を乗せてのストゥーカ・スプラッシュ、そして最後はみちのくドライバーβで3カウントを奪い今後に弾みをつけました。

自分はタダスケと同じくHi69にも注目しています。

中嶋勝彦、マサ北宮、クワイエット・ストーム vs 丸藤正道、小峠篤司、モハメド・ヨネ

惜しくもグローバルタッグリーグ決勝戦進出を逃してしまった面々が激突する6人タッグマッチです。クワイエット・ストームモハメド・ヨネは対戦相手となっています。

この中で誰が目立つかというところに注目ですが、まず目を引いたのが中嶋勝彦丸藤正道の攻防です。

その2人にいちばん負けてはいけないのが4月29日新潟市体育館GHCヘビーに挑戦する小峠篤司です。

最後はキルスイッチクワイエット・ストームから3カウントを奪い勝利はしたものの全体的なインパクトという所では若干物足りないかなという印象が残りました。

グローバルタッグリーグ2018優勝決定戦 杉浦貴、拳王 vs 潮崎豪、清宮海斗

グローバルタッグリーグ2018の優勝決定戦杉浦貴、拳王組潮崎豪、清宮海斗組の対戦となりました。

リーグ公式戦ではフルタイムドローとなっています。

かなり激しい攻防でそれぞれの選手が真っ向勝負を繰り広げていました。どの選手も素晴しく、高水準のタッグマッチを見せてくれました。このいい試合が800人の前で行われているという事にはもったいないという気持ちになります。

最後は潮崎が久しぶりに繰り出したリミットブレイクから豪腕ラリアット拳王から3カウント、潮崎、清宮組の優勝となりました。

潮崎の気迫は素晴らしく本当にいいものを見せてくれました。

2009年のグローバルタッグリーグで優勝した三沢光晴、潮崎豪組。そのときの三沢光晴潮崎は自分の姿を重ねているのかもしれませんが、大きく違うのはまだ潮崎自身やりきっていないという所です。

自分は何度か言っていますがもうここで潮崎プロレスリングノアの絶対的エースにならなければならないと思います。

そういった事を期待してこれからもプロレスリングノアに注目していきたいと思います!

ファイティングTVサムライスカパー!で視聴することができます!

詳しくはコチラをご覧ください。

プロレスを見るならスカパー! おすすめのパック・セットや料金、加入方法は?
プロレスをテレビで視聴することのできるスカパー!のチャンネル、おすすめのパック・セットや加入方法、料金を紹介します!

次の記事はコチラです。

【プロレスリングノア】 新潟で杉浦貴がGHC初防衛、潮崎、清宮組がGHCタッグ奪取! 【試合結果】
さて、今回は2018年4月28日に新潟市体育館で行われたプロレスリングノア、GREAT VOYAGE 2018 in NIIGATAについての記事になります! 自分はこの大会をファイティングTVサムライで視聴しました。 前回の記...

コメント

タイトルとURLをコピーしました