【プロレスリングノア】 グローバルリーグ公式戦で拳王が丸藤正道に勝利! 【試合結果】

さて、今回は2018年11月8日に行われた、プロレスリングノア、グローバルリーグ2018、後楽園ホール大会の試合結果や感想についての記事になります!

自分はこの大会をファイティングTVサムライの生中継で視聴しました。

グローバルリーグ2018の公式戦は熱戦の連続 後楽園ホール大会の試合結果と感想

この日の後楽園ホール大会ではグローバルリーグの公式戦が6試合行われました。

平日の開催となったこの日の客入りは1217人(ホームページによる)でまずまずといったところです。

プロレスリングノアのチケットはチケットぴあで購入することができます!

この大会では全8試合行われました。

齋藤彰俊、鈴木鼓太郎、常剣鋒 vs クワイエット・ストーム、HAYATA、林棟軒

10月30日の後楽園ホール大会で原田大輔からGHCジュニアヘビー級タイトルを奪取した鈴木鼓太郎鈴木鼓太郎は挑戦者に丸藤正道を指名しましたが実現せず、11月17日のエディオンアリーナ大阪第2競技場でHAYATAがタイトルに挑戦することになりました。

このオープニングマッチはそのタイトルマッチの前哨戦となりました。

結果はHAYATAヘディックを決めて鈴木鼓太郎から3カウントを奪い、タイトル戦に向けて実力を示しています。

14選手参加バトルロイヤル

14選手が参加したバトルロイヤルで注目したいのはデビューから2か月が経過した稲村愛輝です。

開始からマイバッハ谷口に突っかかっていきましたが、返り打ちにされて何人かの選手にいたぶられ、最後はコーディ・ホールチョークスラムに沈んでしまいました。

すぐ敗れてしまいましたが、気迫が全面に出ていていい感じなのでこれからも果敢に向かっていってもらいたいと思います。

結果は最後に残った宮脇純太タダスケを同時に押さえ込んだ熊野準が勝利しています。

グローバルリーグBブロック公式戦 モハメド・ヨネ vs 小峠篤司

明るさを前面に出した両者の対戦です。

結果はキン肉バスターモハメド・ヨネが勝利しました。小峠篤司にはもう少し意地を見せてもらいたかったです。小峠にはここぞという時に人一倍の気迫を見せてもらいたいと思っています。

グローバルリーグAブロック公式戦 マサ北宮 vs 長井満也

試合序盤は得意の場外ラフファイトで攻めていった長井満也でしたが、最初だけであとはリング内でのファイトとなりました。

正々堂々としたファイトで雪崩式キャプチュードを見せた長井でしたが、最後はマサ北宮サイトースープレックスに沈んでいます。

グローバルリーグBブロック公式戦 潮崎豪 vs 樋口和貞

DDTから参戦した樋口和貞潮崎豪と激突です。

お互いヘビー級ということで迫力充分の攻防となりました。逆水平チョップ合戦などは非常に重たく見応えがありました。

樋口ドクターボムなどで潮崎を追い詰めましたが、最後は潮崎が強烈なラリアットで3カウントを奪っています。

グローバルリーグBブロック公式戦 杉浦貴 vs 清宮海斗

若い清宮海斗杉浦貴に対し果敢に向かっていきますが、弾き返されてしまいます。

杉浦のペースで試合は進み、オリンピック予選スラムでトドメというところでしたがそれを切り返して丸め込み、清宮杉浦から金星をうばいました。

これで杉浦は初戦の潮崎戦に続いて2連敗となってしまいました。

グローバルリーグAブロック公式戦 中嶋勝彦 vs 佐藤耕平

ZERO1から参戦した佐藤耕平中嶋勝彦と対戦です。

中嶋勝彦は強烈な蹴りで攻めていきますが、バーティカルスパイクを変形のノーザンライトボムであるポールスターで切り返し、パイルドライバー2段式ジャーマンスープレックスで完璧に佐藤耕平が3カウントを奪って勝利しています。

グローバルリーグAブロック公式戦 丸藤正道 vs 拳王

拳王が念願としてきた丸藤正道とのシングルマッチがグローバルリーグ戦で実現です。

丸藤の創造性豊かな試合運びに拳王は苦戦しますが蹴りなどスピードのある攻めで対抗していきます。

終盤、丸藤の強烈な虎王で追い詰められますが、雪崩式のドラゴンスープレックスで盛り返し、最後は新技のローリング式のダイビングフットスタンプで3カウントを奪いました。

試合後のマイクで拳王は観客に向かってプロレスは楽しいだろと問い掛け、プロレスに希望を持て、プロレスリングノアの希望に自分がなると宣言しました。

拳王希望という言葉を用いたことには大きな意味があると感じます。それはやはり先日、一般人に対する暴行をはたらき、逮捕されてしまった森嶋猛に対する気持があると思います。

かつて拳王は森嶋猛と超危暴軍というチームで共に戦っており、森嶋猛が引退してしまったあとも関係は続いていたようでした。

そうやって慕ってきた森嶋猛があのようになってしまって拳王に暗い影を落としていましたが、この試合後のマイクでそれを払拭した感がありました。

それは拳王だけではなく、我々ファンにとっても同じだったと感じています。

プロレスリングノアの今後の展開 グローバルリーグの行方は

グローバルリーグ2018の自分としての本命は拳王潮崎豪だと考えています。

もしこの2人が勝ち上がることになれば昨年の決勝と同一カードとなります。

グローバルリーグ2017決勝の記事はコチラです。

【プロレスリングノア】 2017.11.19 後楽園ホール大会 【試合結果】
さて、今回は2017年11月19日に開催されたプロレスリングノア、後楽園ホール大会についての記事になります! 前回の記事はコチラ。 自分はこの大会を日テレジータス(G+)で視聴しました。 日テレジータス(G+)につ...

ダークホースとしては佐藤耕平といったところです。あと樋口和貞プロレスリングノアの選手達との対戦も気になるところです。

しかしまだリーグ戦は始まったばかりなので誰が勝ち上がっていくのかは全く分からない状態です。

11月25日には誰が勝ち上がっているのか非常に楽しみです!

グローバルリーグ優勝決定戦の記事はコチラです。

【プロレスリングノア】 グローバルリーグ2018は清宮海斗が初優勝! 【試合結果】
2018年11月25日に行われたプロレスリングノア、グローバルリーグ2018優勝決定戦、後楽園ホール大会の試合結果と感想についての記事になります!

ファイティングTVサムライスカパー!で視聴することができます!

詳しくはコチラをご覧ください!

プロレスを見るならスカパー! おすすめのパック・セットや料金、加入方法は?
プロレスをテレビで視聴することのできるスカパー!のチャンネル、おすすめのパック・セットや加入方法、料金を紹介します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました