プロレスリングノアのグローバルジュニアタッグリーグ2019は小川良成、鈴木鼓太郎組の優勝!

さて、今回は2019年6月13日に行われた、プロレスリングノア 三沢光晴メモリアル、エディオンアリーナ大阪第2競技場大会の感想、試合結果についての記事になります!

自分はこの大会をファイティングTVサムライで視聴しました。

命日に行われた三沢光晴メモリアル大阪大会

三沢光晴の命日である6月13日に行われたプロレスリングノアのエディオンアリーナ大阪第2競技場大会は6月9日の後楽園ホール大会に続いての三沢光晴メモリアルとなりました。

この大会でも緑のマットが限定復活しています。

6月9日の三沢光晴メモリアル後楽園ホール大会の記事はコチラです。

三沢光晴メモリアルの場で清宮海斗がGHCヘビー防衛!
2019年6月9日に行われた、プロレスリングノア、三沢光晴メモリアル後楽園ホール大会の試合結果や感想についての記事になります。

客入りとしては885人の超満員ということでした。9月16日にはエディオンアリーナ大阪の第1競技場で興行が行われるのですが、そこでどれだけの観客を集めることができるかがプロレスリングノアの大きなカギとなるのではないかと思っています。

この大会では全7試合が行われましたが、その中でいくつかの試合にふれていきたいと思います。

稲村愛輝 vs 岡田欣也

脳震盪による2か月の欠場からの復帰戦となった岡田欣也の相手は同期入門の稲村愛輝です。

金剛に加入して成長著しい稲村は小橋建太プロデュース大会のフォーチュンドリーム6でも大きなインパクトを残しています。

フォーチュンドリーム6の記事はコチラです。

フォーチュンドリーム6の試合結果と感想 【小橋建太プロデュース】
2019年6月10日に行われた、小橋建太プロデュース、フォーチュンドリーム6の試合結果、感想についての記事になります。

岡田はドロップキックや逆さ押え込みなどの技を見せていい動きを見せましたが、稲村のパワーに押されて最後は逆エビ固めでギブアップを奪われました。

現時点で岡田と稲村には実力差がついてしまいましたが、岡田にはここから特色のある技を身につけて早く稲村に追いつき、2人共に清宮海斗のライバルとなれるようになっていってほしいところです。

グローバルジュニアタッグリーグ2019 優勝決定戦 小川良成、鈴木鼓太郎 vs HAYATA、YO-HEY

3連覇の掛かったHAYATA、YO-HEYが三沢光晴とゆかりの深い小川良成、鈴木鼓太郎と対戦です。

この両チームは開幕戦で対戦し、両者リングアウトの引き分けとなっています。

グローバルジュニアタッグリーグ2019開幕戦の記事はコチラです。

プロレスリングノアのグローバルジュニアタッグリーグ2019の開幕戦の感想と試合結果
2019年5月28日に行われた、プロレスリングノア、グローバルジュニアタッグリーグ開幕戦、後楽園ホール大会の試合結果や感想についての記事になります。

一進一退の好勝負となり最後は鈴木鼓太郎が三沢光晴のようなエルボー連打から初公開となるタイガードライバー91でYO-HEYから3カウントを奪ってグローバルジュニアタッグリーグ2019の優勝となりました。

試合後には珍しく小川良成がマイクをとって「三沢光晴というレスラーを忘れないで下さい」と語っています。

シリーズの流れからいってこの試合がメインイベントであるべきなのではなかったのかと自分は思っています。

丸藤正道 vs 谷口周平

三沢光晴メモリアルマッチは丸藤正道が6月9日の潮崎豪に続いて谷口周平を迎え撃ちます。

谷口は交通事故で亡くなってしまった同期入門の青木篤志選手への思いを込めて手首に青いテーピングを巻いていました。

本名に戻して覚醒が期待される谷口は丸藤の猛攻を凌ぎ切って気迫のこもった攻めを見せました。

谷口は青木篤志選手の得意技であるアサルトポイントを繰り出し、最後は変形のキャメルクラッチでギブアップを奪いました。

覚醒の兆しを見せ始めた谷口周平には今後も注目です。

GHCタッグ選手権試合 王者 中嶋勝彦、潮崎豪 vs 杉浦貴、KAZMA SAKAMOTO

グローバルタッグリーグ2019の優勝決定戦で両チームは対戦し、杉浦組が勝利しました。

グローバルタッグリーグ2019優勝決定戦の記事はコチラです。

【プロレスリングノア】 グローバルタッグリーグ2019は杉浦貴、KAZMA SAKAMOTO組が優勝! 【試合結果】
2019年5月4日に行われた、プロレスリングノア、グローバルタッグリーグ2019優勝決定戦、後楽園ホール大会の試合結果や感想についての記事になります。

GHCタッグタイトルをかけての再戦となったこの試合も激しいものとなりました。

途中から杉浦と中嶋のシングルマッチのようになり、最後はフロントネックロックで杉浦が中嶋からレフェリーストップで勝利を奪ってGHCタッグタイトルを奪取しました。

プロレスリングノア 今後の展開

次期シリーズはグローバルジュニアリーグ2019ということで、自分としては熊野準に頑張ってほしいと思っています。

開幕戦となる6月27日の後楽園ホール大会ではGHCタッグタイトルマッチが行われ、杉浦組と中嶋組の再戦となっています。

グローバルジュニアリーグ2019開幕戦の記事はコチラです。

プロレスリングノアのグローバルジュニアリーグ2019開幕戦で中嶋、潮崎組がGHCタッグ奪回!
2019年6月27日に行われた、プロレスリングノア、グローバルジュニアリーグ2019開幕戦、後楽園ホール大会の試合結果、感想についての記事になります。

清宮海斗の持つGHCヘビーの次期挑戦者がまだ決まっていないので、誰が挑戦する流れになるのか注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました