【新日本プロレス】 旗揚げ記念日で見せたIWGP王者対決! 脅威的なオスプレイの離れ技! 【試合結果】

さて、今回は2018年3月6日に行われた新日本プロレス、大田区総合体育館大会「旗揚げ記念日」についての記事になります!

自分はこの大会をテレ朝チャンネル2のワールドプロレスリングLIVE2018で視聴しました。

新日本プロレスの「旗揚げ記念日」

新日本プロレスが1972年3月6日に大田区体育館で旗揚げしたことを記念した毎年恒例の興行です。

今年も注目すべきカードが全8試合行われました。

田口隆祐、KUSHIDA、タイガーマスク、獣神サンダー・ライガー、天山広吉 vs 成田蓮、八木哲大、海野翔太、岡倫之、永田裕志

天山広吉率いる新日本隊ジュニア勢と永田裕志率いるヤングライオン勢のオープニングマッチです。

獣神サンダー・ライガーなどのベテラン勢に挑んでゆくヤングライオン達はなかなか見応えがありました。

終盤にかなり奮闘した海野翔太でしたが、KUSHIDAの腕ひしぎ逆十字固めで敗れています。

北村克哉7番勝負 第7戦 中西学 vs 北村克哉

先日の試合で北村克哉が脳震盪を起こしたため欠場となり、この試合は延期となりました。

トーア・ヘナーレ、デビット・フィンレー、ジュース・ロビンソン vs 矢野通、石井智宏、後藤洋央紀

新日本隊の外国人チームとCHAOSによる6人タッグマッチです。

結果は後藤洋央紀がGTRでトーア・ヘナーレから3カウントを奪っています。

IWGPジュニアタッグ選手権試合 3WAYマッチ 王者 SHO、YOH vs 高橋ヒロム、BUSHI vs エル・デスペラード、金丸義信

IWGPジュニアタッグ王者のロッポンギ3k、SHO、YOHが最近敗北を喫してしまった2チームとの3WAYマッチです。SHO、YOHは初防衛戦となります。

スピーディーな攻防でそれぞれが見せ場を作りましたが、最後はエル・デスペラード、金丸義信の2人が上手さを見せてSHOをエル・デスペラードがエル・エス・クエロで丸め込んで3カウント、ベルトをかっさらっていきました。

YOSHI-HASHI vs SANADA

SANADAとのシングルマッチということで、YOSHI-HASHIにとってチャンスなのでいい内容と結果を見せたいところです。SANADAもいいところを見せて存在感をアピールし、新日マット内で確固たる地位を築きたいところでしょう。

一進一退のいい勝負となりました。YOSHI-HASHIはバタフライロックであと一歩のところまで追い詰めましたが、最後はスカルエンドで力を失ったところにラウンディングボディプレスと畳みかけられSANADAに敗れてしまいました。SANADAのラウンディングボディプレスは武藤敬司譲りで素晴らしいですね。

相変わらずYOSHI-HASHIはあと一歩という状態から抜け出せません。

内藤哲也 vs タイチ

内藤哲也の呼びかけに応えてヘビーに転向したタイチとのシングルマッチです。個人的にはこの日いちばん注目している試合でした。

かつての師匠である川田利明譲りのステップキック、デンジャラスバックドロップ、ラストライドからの全身を浴びせるエビ固めとタイチは内藤を攻めていきますが、最後は内藤がタイチのマイクスタンドでタイチを殴打し、それをへし折ってからデスティーノで勝利を収めました。

この日いい試合を見せたタイチはまださらにやれる選手だと思うので、本来持つ熱さをさらに押し出して頑張ってもらいたいと思います。

IWGPインターコンチネンタル選手権試合 王者 鈴木みのる vs 真壁刀義

鈴木みのるの初防衛戦の相手は久々のシングルタイトル挑戦となった真壁刀義です。

予想通りゴツゴツとした試合となりましたが、僅かに鈴木が上回っていました。

最後はゴッチ式パイルドライバーで鈴木が3カウントを奪い、初防衛に成功しています。

鈴木みのるは49才ですが、いいコンディションを維持していてすごいと思います。同世代の誰よりもやれていますね。

オカダ・カズチカ vs ウィル・オスプレイ

IWGPヘビー王者とジュニアヘビー王者のスペシャルシングルマッチです。

ジュニア王者のウィル・オスプレイの動きは素晴らしく、ヘビー王者のオカダ・カズチカを追い詰めます。

特にレインメーカーを切り返してのパワーボムはすごかったです。

オスカッターを迎撃するオカダのドロップキックも素晴らしかったです。

最終的にレインメーカーに沈んだオスプレイでしたが、ヘビー王者にも充分通用するポテンシャルを見せてくれたと思います。

全試合終了後、生放送の余った時間に会場の撤収作業が流れていましたが、なかなか貴重な映像でした(ハイライトを流す段取りがうまくできていなかったのでしょう…)。

次はNEW JAPAN CUP 2018がありますので(決勝は3月21日、新潟、アオーレ長岡)、期待していきたいと思います!

・NEW JAPAN CUP 2018決勝の記事はコチラです。

【新日本プロレス】 ニュージャパンカップ2018決勝で見せたザック・セイバーJr、無限のサブミッション地獄! 【試合結果】
さて、今回は2018年3月21日に行われた新日本プロレス、NEW JAPAN CUP(ニュージャパンカップ) 2018 決勝、新潟アオーレ長岡大会についての記事になります!自分はこの大会をテレ朝チャンネル2のワールドプロレスリングL...

テレ朝チャンネル2はスカパー!で視聴することができます。

新日本プロレスを視聴するならテレ朝チャンネル2! 番組と視聴方法を紹介
新日本プロレスの主要大会の生中継や完全版、過去のワールドプロレスリングを視聴することのできるテレ朝チャンネル2を紹介。

コメント

タイトルとURLをコピーしました