【プロレスリングノア】 拳王がエディ・エドワーズを破り、GHCヘビー初戴冠! 【試合結果】

さて、今回は2017年12月22日に行われたプロレスリングノア、後楽園ホール大会についての記事になります!

自分はこの大会を日テレジータス(G+)で視聴しました。ひさしぶりの生中継で、ゲスト解説は川田利明です。

プロレスリングノア 今後を占うビックマッチ

この日は全てのGHCタイトル戦が行われるビックマッチで、今後のノアを占う意味でも非常に重要な興行です。

そんな興行は、満員と呼べる上々の客入りとなっていて期待感のあふれた雰囲気となっていました。

ザ・グレート・カブキ、越中詩郎、齋藤彰俊 vs 潮崎豪、小川良成、井上雅央

第1試合は「KABUKI THE FINAL」と銘打たれたグレート・カブキの引退記念試合です。

カブキのパートナーは90年代に新日本プロレスで平成維新軍として共に闘ってきた越中詩郎と齋藤彰俊が務めました。

試合はカブキの毒霧を浴びた井上が齋藤のスイクルデスに沈み3カウント。カブキは有終の美を飾りました。

GHCジュニアタッグ選手権試合 王者 HAYATA、YO-HEY vs グルクンマスク、首里ジョー

GHCジュニアタッグ王者のHAYATA、YO-HEYに琉球ドラゴンプロレスのグルクンマスク、首里ジョーが挑戦です。王者組は3度目の防衛戦となります。

ジュニアヘビー級らしいスピード感あふれる攻防となったこの試合はYO-HEYのトップロープからの顔面Gで首里ジョーから3カウントを奪い、防衛成功となりました。

GHCタッグ選手権試合 王者 モハメド・ヨネ、クワイエット・ストーム vs 丸藤正道、マイバッハ谷口

初防衛戦となるヨネ組に丸藤組が挑戦です。この試合での注目はやはり谷口です。なかなかいい動きをしていましたが、ちょっと間が長い気がしました。

とはいえいい攻防が続く中、丸藤の虎王が谷口に誤爆して(この日の虎王の中で最も強烈でした…)そのあとに谷口が暴走して丸藤に攻撃、孤立した丸藤を合体技のファンキーバスターボムに捕えて3カウント、ヨネ組の防衛となりました。

試合後、谷口は長井満也と引き揚げていき、今後の合体を示唆する形となりました。

杉浦貴 vs ムース

大きな体で身軽な動き、そしてパフォーマンスも高評価で人気の高いムースと、復帰してここからタイトル戦線へと乗り出していきたい杉浦貴のシングルマッチです。

ムースの巨体から繰り出される瞬発力のある攻撃にあわやという場面もありましたが、最後はエルボーやヒザ蹴りなど杉浦らしいゴツゴツとした攻撃からオリンピック予選スラムで3カウントを奪い完全復活をアピールしました。

試合後も杉浦らしく相手のパフォーマンスを真似てムースポーズをして引き揚げていきましたが、お客さんはどうコールすればいいか分からないといった感じでした。

GHCジュニアヘビー級選手権試合 王者 原田大輔 vs 田中稔

フリーで参戦してきた田中稔がいよいよGHCジュニアに挑戦です。王者の原田は2度目の防衛戦となります。

相変わらず風呂上がりのような格好で入場してきた田中は流石ベテランといった感じで見事な試合運びをみせます。

要所を押さえて素早く攻めていく田中の攻めに耐えて、終盤は素晴らしい攻防となり、最後は片山ジャーマンで原田が3カウントを奪い防衛に成功しました。

GHCヘビー級選手権試合 王者 エディ・エドワーズ vs 拳王

そしてメインイベントは2017年最後の大一番です。エディ・エドワーズは3度目の防衛戦となります。

拳王の蹴りも重たそうですが、エディの逆水平チョップも非常に重たそうで、拳王の胸から出血するほどでした。

拳王のエプロンと雪崩式のドラゴンスープレックス、エディのタイガードライバー91など激しい攻防の末、最後は拳王のダイビングフットスタンプ2連発で3カウント、拳王の王座奪取となりました。

敗れはしましたがエディ・エドワーズのほうがどこか余裕があるように見えました。技などで三沢光晴を継承しているように見えますが、この余裕こそが真の三沢イズムなのかもしれないと感じました。

拳王も良い選手だと思いますが、どうしてもフィニッシュホールドがダイビングフットスタンプというのが自分としては不満があります。

プロレスリングノア 2018年の展開は

試合後、海外遠征から戻ってきた清宮海斗が拳王に挑戦をアピールしました。

髪型が変わり、体も大きくなったようで一瞬誰だか分かりませんでした。

しかし、このいい所で時間になってしまい生中継が終了!これは本当に悲しかったです。

この全く予想していなかった展開で2018年のプロレスリングノアが楽しみになりました。少し短いように感じますが、海外遠征から帰ってきた清宮がどのようなファイトを見せるのか本当に楽しみです!そして今日は敗れてしまいましたがエディ・エドワーズも継続的に参戦してもらいたいと思います。

この日の興行はいい内容だと思いました。このように良い興行を続けていってまずは後楽園ホールを超満員に、そして日本武道館への兆しを2018年は見せてもらいたいと期待しております!

日テレジータス(G+)はスカパー!で視聴することができます!

プロレスリングノアを視聴するなら日テレジータス(G+)! 番組と視聴方法を紹介
プロレスリングノアの大会を見ることのできる日テレジータスについての記事になります。過去のプロレスリングノアや全日本プロレスの試合を見る事のできるプロレス激闘の記憶などの番組を紹介します。

・次の記事はコチラです。

【プロレスリングノア】 凱旋帰国の清宮海斗が拳王の持つGHCに挑戦! 【試合結果】
さて、今回は2018年1月6日に行われたプロレスリングノア、後楽園ホール大会についての記事になります!自分はこの大会をファイティングTVサムライで視聴しました。プロレスリングノア 満員の客入りで上々の滑り出しプロレスリングノア、20...

コメント

タイトルとURLをコピーしました