【プロレスリングノア】 清宮海斗が拳王を相手にGHCヘビー初防衛! 【試合結果】

さて、今回は2019年1月6日に行われた、プロレスリングノア Navig. For The Future 2019後楽園ホール大会の試合結果、感想についての記事になります!

自分はこの大会をファイティングTVサムライの生中継で視聴しました。

プロレスリングノア 2019年最初の後楽園ホール大会の試合結果と感想

プロレスリングノア、2019年最初の後楽園ホール大会は12月に行われた横浜文化体育館大会の流れを引き継いだカードが組まれています。

・2018年12月16日の横浜文化体育館大会の記事はコチラです。

【プロレスリングノア】 横浜文化体育館でGREAT VOYAGE 2018を観戦! 【試合結果】
2018年12月16日に行われたプロレスリングノア、横浜文化体育館大会を観戦しました。横浜文化体育館の紹介や試合結果、感想についての記事になります!

この日の後楽園ホールは満員と呼べる上々の客入りとなっていました。

この大会では全8試合が行われています。

マサ北宮 vs 岡田欣也

デビュー1か月の岡田欣也はこれといった見せ場を作ることができずにマサ北宮のスピアーで3カウントを奪われてしまいました。

杉浦貴 vs 稲村愛輝

稲村愛輝、猛進7番勝負の第1戦は杉浦貴です。

稲村愛輝は気迫のこもったショルダータックルなどで見せ場を作りましたが、最後はフロントネックロックで敗れました。

2019年は稲村愛輝と岡田欣也の成長に期待、注目していきたいと思います。

Hi69、田中稔 vs 小峠篤司、井上雅央

Hi69は小峠篤司のマントを身に付けて井上雅央にストゥーカスプラッシュを放ち3カウントを奪っています。

小峠篤司の革命マントスタイルも浸透してきたので、この辺で闘いの面でも革命を起こしてほしいところです。

大原はじめ、熊野準 vs 諸橋晴也、宮脇純太

GHCジュニアタッグ挑戦への査定試合となっている試合です。

宮脇純太は熊野準を追い詰めましたが、最後は熊野準の前に叩きつける形の新しい技で3カウントを奪っています。

試合後に大原はじめは査定試合をやってよかったと語っています。タイトルマッチが決定したかどうかはちょっとはっきりしませんでした。

昨年に引き続き、カルッツかわさきでの興行が決定したことが発表されています。

齋藤彰俊、モハメドヨネ、クワイエット・ストーム vs 長井満也、KAZMA SAKAMOTO、コーディ・ホール

フーリガンズの荒れたラフファイトで試合が始まり、そのままフーリガンズの反則負けとなっています。マイクでクワイエット・ストームがフーリガンズを終わらせると宣言し、対立の構図を作っています。

試合後に丸藤正道がリングに上がり、2月1日の後楽園ホールでの復帰が発表されました。

原田大輔、タダスケ、HAYATA vs YO-HEY、小川良成、鈴木鼓太郎

ラーテルズを裏切ったYO-HEYに対する制裁マッチという構図ですが、小川良成、鈴木鼓太郎のテクニックによりそういった状態にはなりません。

往年の三沢光晴、小川良成組を彷彿とさせる動きで懐かしい気持ちになります。

原田大輔は3人の合体攻撃を浴び続け、最後はYO-HEYのスーパー顔面Gで3カウントを奪われています。

GHCタッグ選手権試合 王者 マイバッハ谷口、火野裕士 vs 中嶋勝彦、潮崎豪

12月16日の横浜文化体育館大会のリマッチとなりました。

前回のタイトル戦と同じような展開で、最後はマイバッハ谷口がマイバッハボムツヴァイで潮崎豪から3カウントを奪って初防衛成功となりました。

試合後にモハメドヨネとクワイエットストームが出てきて挑戦をアピールしていますが、もっと早く出てくればいいのにと思ってしまいました。

介入や反則をするのであれば、もっと工夫が必要なのかなという印象を持ちました。

GHCヘビー級選手権試合 王者 清宮海斗 vs 拳王

ちょうど1年ぶり、立場が入れ替わった同一カードでのタイトルマッチです。

・その時の記事はコチラです。

【プロレスリングノア】 凱旋帰国の清宮海斗が拳王の持つGHCに挑戦! 【試合結果】
さて、今回は2018年1月6日に行われたプロレスリングノア、後楽園ホール大会についての記事になります!自分はこの大会をファイティングTVサムライで視聴しました。プロレスリングノア 満員の客入りで上々の滑り出しプロレスリングノア、20...

拳王は髪型をオールバックにして入場してきました。

スピード感のある試合で見応えがありました。清宮海斗は技にも工夫がありました。

最後はタイガースープレックスで拳王から3カウントを奪って初防衛に成功しています。

清宮海斗にはこれからさらにキャリアを積んで実力をつけていってほしいと思います。

プロレスリングノア 今後の展開は

メイン終了後に小峠篤司とマサ北宮が清宮海斗に挑戦を表明しました。この2人で挑戦者決定戦が行われる流れになるのか注目です。

小峠篤司はキャッチレスリングのテクニックを習得すれば面白くなるのではないかと思います。

GHCタイトル戦のカードも固まりつつありますが、今以上に刺激的なカードが増えていくにはどうしたら良いか我々ファンも考えていく必要があるのではないでしょうか。

この日の後楽園ホール、そしてそれ以上に後楽園ホールが超満員になる興行が増えていくことを期待していきたいと思います!

・2月1日の後楽園ホール大会の記事はコチラです。

https://kurobaku080.com/prowretling/noah-kourakuen20190201/

ファイティングTVサムライはスカパー!で視聴することができます。

プロレスを見るならスカパー! おすすめのパック・セットや料金、加入方法は?
プロレスをテレビで視聴することのできるスカパー!のチャンネル、おすすめのパック・セットや加入方法、料金を紹介します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました