【ライジン】 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 優勝の行方は 【試合結果】

さて、今回は2017年12月31日にさいたまスーパーアリーナで行われた総合格闘技イベントのライジンについての記事になります!

ライジン 大みそかの格闘技イベント

大みそかの格闘技イベントであるライジンを自分はフジテレビで視聴しました。その中継のなかで気になった試合について触れていきたいと思います。

真珠・野沢オークライヤー vs チェルシー・ラグラース

野沢直子の娘、真珠・野沢オークライヤーが以前対戦して反則負けを喫している相手のチェルシー・ラグラースと対戦しました。野沢は打撃でも優勢に立ち、最後は腕ひしぎ逆十字で一本勝ちを果たしました。

なかなか華のある選手だと思うので、着実に強くなっていってもらいたいと思います。

ミルコ・クロコップ vs 高坂剛

RAIZINお得意の15年前にタイムスリップしたかのようなカードです。ミルコの圧倒的な勝利で高坂は全くなにもできませんでした。ミルコはあと1年で引退を宣言していますので、それまでにまた魅力的な試合を見せてもらいたいと思います。

那須川天心 vs 藤田大和

RIZINキックトーナメント決勝戦は2017年10月に行われた試合と同一カードとなりました。

1回戦の浜本”キャット”雄大を飛び膝蹴りでKOした那須川が1ラウンドで3度ダウンを奪い、KO勝利を収めました。那須川のスピードとパワーは圧倒的でした。2018年は武尊との対戦を期待したいところです。

RENA vs 浅倉カンナ

女子スーパーアトム級トーナメントの決勝です。

これは大番狂わせの結果となりました。浅倉カンナがRENAをスリーパーホールドで締め落としトーナメント優勝です。

浅倉のタックルはキレもあり確実に実力がありました。この結果は全くまぐれではありません。敗れてしまったRENAもこれから強くなっていくでしょう。

五味隆典 vs 矢地祐介

かつてプライドで日本の総合格闘技を盛り上げた五味隆典の登場です。対する矢地は上り調子の若手です。

結果は三角締めで矢地が勝利しましたが、五味の魅力が存分に発揮された試合でした。

五味もあと1年での引退を宣言しています。

堀口恭司 vs 石渡伸太郎

バンタム級トーナメント決勝は堀口と石渡の日本人対決となりました。

結果は2ラウンド、堀口のKO勝利でトーナメント制覇となりました。石渡も根性を見せましたが、堀口のほうが1枚上手でした。

堀口はトーナメントを通して冷静な戦いぶりが印象に残りました。

この日の結果を受けて今後のライジンは堀口恭二、浅倉カンナ、那須川天心が中心となっていくでしょう。この日敗れてしまったRENAがどう巻き返していくかというところに注目していきたいと思います。

今後さらに新しい選手、新しいカードを見られることを期待していきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました