【ライジン.14】 フロイド・メイウェザーが那須川天心に勝利、堀口恭司がダリオン・コールドウェルに勝利! 【試合結果】

さて、今回は2018年12月31日にさいたまスーパーアリーナで行われたRIZIN.14(ライジン.14)の試合結果、感想についての記事になります!

自分はこの大会をフジテレビで視聴しました。

2018年 大みそかのライジン.14

2018年大みそかのライジン.14では注目の試合が行われました。

注目カードについての記事はコチラです。

2018年末のRIZIN.14(ライジン)の注目カードを紹介! フロイド・メイウェザーvs那須川天心、堀口恭司vsダリオン・コールドウェル
2018年12月31日に開催されるRIZIN.14の注目カードであるフロイド・メイウェザーvs那須川天心、堀口恭司vsダリオン・コールドウェルを紹介します!

そのいくつかの試合の結果や感想を紹介していきたいと思います。

フロイド・メイウェザー vs 那須川天心の試合結果と感想

フロイド・メイウェザーに振り回されましたがついに実現した注目の一戦です。

那須川天心がキックをすると違約金5億という冗談のような条件が突きつけられています。

なかなか会場入りしないフロイド・メイウェザーにやきもきしましたが無事にリングに登場です。

GACKTの君が代斉唱中にフロイド・メイウェザーが帰ってしまわないかハラハラしてしまいました。

試合が始まるとどこかふざけたようなフロイド・メイウェザーでしたが、そんな中でもしっかりと那須川天心にプレッシャーがかかっていました。

大きな体重差があってガードの上からでもフロイド・メイウェザーのパンチは那須川天心を倒してしまいます。

全く歯が立たないという状態でしたが、那須川天心フロイド・メイウェザーにパンチをヒットさせることができました。

果敢に立ち向かいましたが結局3度倒されて那須川天心は敗れてしまいました。

那須川天心は悔し涙を流してリングを去っていきましたが、このあまりにも貴重な体験は必ず今後に生かされていくことでしょう。

堀口恭司 vs ダリオン・コールドウェルの試合結果と感想

やや現実味に欠けてしまうと感じてしまうフロイド・メイウェザーvs那須川天心に対して、こちらの試合はこの日の実質メインイベントといえる好カードです。

RIZINバンタム級タイトルマッチとなったこの一戦はライジンのトップとベラトールのトップの激突です。

165cmの堀口恭司と178cmのダリオン・コールドウェルの大きな身長差、そしてダリオン・コールドウェルの寝技をどうしのぐかがポイントです。

打撃に活路を見出す堀口恭司ですが、ダリオン・コールドウェルのテクニックで寝技に引きずり込まれてしまいます。

3ラウンドにまたしても寝技に引きずり込まれてしまいますが、堀口恭司がフロントチョークを決めてまさかのダリオン・コールドウェルがタップアウト、堀口恭司の勝利となりました。

これがもしケージ(金網)での試合であれば掘口恭司は逃げられなかったかもしれません。

それにしてもレベルの高い素晴らしい試合でした。このような試合を見せてくれた両者に感謝したいと思います!

浅倉カンナ vs 浜崎朱加の試合結果と感想

RIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチです。実績と経験で上回る浜崎朱加に対して浅倉カンナがどう戦うかに注目です。

開始早々、浅倉カンナの指が浜崎朱加の目に入ってしまって試合が止まってしまうアクシデントがありましたが浜崎朱加にそれほど影響はなく、再開後は緊張感のある攻防が展開されました。

浜崎朱加のプレッシャーが強く、浅倉カンナはタックルに行けない状態が続きます。

2ラウンドに浅倉カンナは倒されて腕ひしぎ逆十字固めを決められてしまい、粘りを見せますが結局タップアウトで浜崎朱加の圧勝という結果になり初代王者となっています。

この他にもイリー・プロハースカ朝倉未来朝倉海佐々木憂流迦などの熱戦が展開されました。

これらの選手をはじめとして2019年もさらに様々な選手たちが参戦してライジンには盛り上がっていってほしいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました