ニール・ヤング(NEIL YOUNG) バッファロー・スプリングフィールドやCSN&Yでのアルバムを紹介!【ロック名盤紹介】

さて、今回はロック名盤紹介、ニール・ヤング(Neil Young)その3です!

今回はこれまで紹介したものとは違う形の活動を中心に紹介していきたいと思います。

前回の記事はコチラ。

ニール・ヤング(NEIL YOUNG)のアルバム、名曲を紹介! 【ロック名盤紹介】
ニール・ヤング、単独名義のおすすめの名盤、名曲を紹介していきたいと思います!
ニール・ヤング(NEIL YOUNG) クレイジー・ホースとのアルバム、名曲を紹介! 【ロック名盤紹介】
さて、今回はロック名盤紹介、ニール・ヤング(Neil Young)その2です! 今回はクレイジー・ホース(Crazy Horse)とのアルバムを紹介していきたいと思います。 前回の記事はコチラ。 ニール・ヤング...

ニール・ヤングの多彩な活動 そのアルバム、名盤を紹介

ニール・ヤングの多彩なバンド活動でのアルバムを紹介していきたいと思います!

「バッファロー・スプリングフィールド・アゲイン」(Buffalo Springfield Again) 1967年

ニール・ヤングとしてソロ活動を始める前に所属していたバッファロー・スプリングフィールドの名盤です。

ニール・ヤングの他にCSNとして活動するスティーブン・スティルス、ポコとして活動するリッチー・フューレイなどがおり、それぞれが主導して作られた曲が並んでいます。

ニール・ヤングが作った「ミスター・ソウル」(Mr.Soul)「エクスペクティング・トゥ・フライ」(Expecting to Fly)「折れた矢」(Broken Arrow)

スティーブン・スティルスが作った「ブルーバード」(Bluebird)「ハング・アップサイド・ダウン」(Hung Upside Down)「ロックン・ロール・ウーマン」(Rock & Roll Woman)

リッチー・フューレイが作った「ア・チャイルズ・クレイム・トゥ・フェイム」(A Child’s Claim to Flame)など名曲が多数収録されています。

才能のあるミュージシャンが揃っていたために対立することも多かったようで、それに加えてトラブルも多く、活動は2年ほどで終了してしまいます。

「デジャ・ヴ」(Deja Vu) 1970年

スティーブン・スティルスデヴィット・クロスビーグラハム・ナッシュと共に結成したCSNニール・ヤングが加わったCNS&Y(クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング)のアルバムです。

「キャリー・オン」(Carry On)「ティーチ・ユア・チルドレン」(Teach Your Children)「ヘルプレス」(Helpless)、ジョニ・ミッチェルが作った「ウッドストック」(Woodstock)など名曲が詰まった名盤です。バッファロー・スプリングフィールドと同じように才能がぶつかり合っています。

「デジャ・ヴ・ライヴ」(Deja Vu Live) 2008年

2006年に行われたCSN&Yの再結成ツアーのドキュメンタリー映画のサウンドトラックです。

ニール・ヤングのアルバム、「リヴィング・ウィズ・ウォー」に収録されている曲が多数演奏されており、当時のアメリカ政権とイラク、アフガニスタン戦争を批判するスタンスを持ったアルバムです。

その他にもCSN&Yの曲や、バッファロー・スプリングフィールド「フォー・ホワット・イッツ・ワース」(For What It’s Worth)などが演奏されています。

演奏も熱く、自分は非常に好きなライブアルバムでおすすめです。

「ザ・モンサント・イヤーズ」(The Monsant Years) 2015年

ウィリー・ネルソンの息子たち(ルーカスとマイカ)が在籍するプロミス・オブ・ザ・リアルとのアルバムです。

アメリカの巨大企業であるモンサント社を批判した内容で年を重ねても変わらないニール・ヤングの姿勢を感じる事が出来ます。

プロミス・オブ・ザ・リアルとの演奏もいい感じで良いアルバムに仕上がっています。

「アース」(Earth) 2016年

このアルバムはプロミス・オブ・ザ・リアルとのライヴを収録したものとなっております。基本的に「ザ・モンサント・イヤーズ」の曲が多いですが、「ウェスタン・ヒーロー」(Western Hero)「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」(After The Gold Rush)「ヒューマン・ハイウェイ」(Human Highway)などが演奏されています。

なかなか聴きごたえのあるライヴ・アルバムだと思います。あと蛙や鶏などの鳴き声がオーヴァーダビングされています。

「ザ・ヴィジター」(The Visitor) 2017年

こちらもプロミス・オブ・ザ・リアルとのアルバムです。ニール・ヤングの一貫した姿勢は衰える事はありません。

「チルドレン・オブ・ディスティニー」(Children Of Destiny)などストレートで勇ましい内容で良い曲だと思います。その他も聴きごたえのある曲が多く収録されています。

次回はアーカイブ・シリーズを紹介したいと思っていますのでまたよろしくお願いします!

次の記事はコチラです。

ニール・ヤング(NEIL YOUNG) アーカイヴ・シリーズを紹介! 【ロック名盤紹介】
ニール・ヤングの未発表音源を聴くことのできるアーカイブシリーズを紹介します!名盤と呼ぶに相応しいライヴ音源は必聴です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました