ザ・ジャム(THE JAM)の名盤アルバム、名曲を紹介! 【ロック解説】

さて、今回はロック名盤紹介、ザ・ジャム(The Jam)です!

初期パンクシーンに現れたモッズスタイルの新星 ザ・ジャム(The Jam) その名盤アルバム、名曲を紹介

1977年、パンクムーブメント全盛期に登場した3ピース(3人組)バンドです。

ザ・フーやスモール・フェイセズの影響を感じさせるモッズスタイルが特徴ですが、やはりパンク全盛時代ということもあり、ストレートで激しいロックを聴かせてくれます。

そしてモッズらしくR&Bの影響を色濃く受けた楽曲も特徴のひとつです。

ザ・ジャムのメンバー

•ポール・ウェラー(ボーカル、ギター)

•ブルース・フォクストン(ベース、ボーカル)

•リック・バックラー(ドラムス)

では、ファーストアルバムから紹介したいと思います。

「イン・ザ・シティ」(In The City) 1977年

Amazon music unlimitedで聴く

ポール・ウェラーはこの時19才ですが、そうとは思えない歌と演奏を聴かせてくれます。

「芸術学校」(Art School)「住所変更」(I’ve Changed My Address)ラリー・ウィリアムスのカバー「スロー・ダウン」(Slow Down)「気ままに」(Away From The Numbers)「バットマンのテーマ」(BatMan Theme)「イン・ザ・シティ」(In The City)など全曲通して若々しさに満ちたロックンロールを聴かせてくれるアルバムです。

「スロー・ダウン」のライヴ映像です。

The Jam Live – Slow Down

「ザ・モダン・ワールド」(This Is The Modern World) 1977年

Amazon music unlimitedで聴く

「イン・ザ・シティ」と同じ年に発売されたセカンドアルバムです。前作の流れを引き継いだ曲が並んでいます。

ポール・ウェラーはこのアルバムを気に入っていないようで、アルバム発表後に自信を失ってしまったというエピソードがあります。

とはいえ良質なロックが収録された、いいアルバムだと自分は思います。

「ザ・モダン・ワールド」(The Modern World)「ロンドン交通事情」(London Traffic)

「何処かで何かが」(In The Street,Today)ウィルソン・ピケットのカヴァー「ミッドナイト・アワー」(In The Midnight Hour)などかっこいい曲がたくさん収録されています。

「オール・モッド・コンズ」(All Mod Cons) 1978年

Amazon music unlimitedで聴く

前作2枚のアルバムから進化し、多様性を感じるアルバムです。

「オール・モッド・コンズ」(All Mod Cons)「トゥー・ビー・サム・ワン」(To Be Someone)「ミスター・クリーン」(Mr. Clean)キンクスのカヴァー「デイヴィッド・ワッツ」(David Watts)「イングリッシュ・ローズ」(English Rose)「イン・ザ・クラウド」(In The Crowd)「イッツ・トゥー・バッド」(It’s Too Bad)など全曲を通して素晴しく、特に「チューブ・ステイション」(Down In Tube Station At Midnight)はポール・ウェラーの溢れ出る才能を感じる曲です。

名盤と呼ぶにふさわしい内容のアルバムで、かなりおすすめです。

どこか爽やかな印象のあるアルバムで春先に聴くとかなりいい感じです。(自分がよく聴いていたのがその時期だったからかもしれませんが)

「セッティング・サンズ」(Setting Sons) 1979年

Amazon music unlimitedで聴く

「引き裂かれぬ仲」(Thick As Thieves)「プライヴェイト・ヘル」(Private Hell)ベースのブルース・フォクストン作の「スミサーズ・ジョーンズ」(Smithers-Jones)「サタデーズ・キッズ」(Saturday’s Kids)「イートン・ライフルズ」(The Eton Rifles)マーサ&バンデラスのカヴァー「恋のヒート・ウェイヴ」(Heat Wave)など聴き逃せない曲が多数並んでいます。

「サウンド・アフェクツ」(Sound Affects) 1980年

Amazon music unlimitedで聴く

5枚目となるアルバムで水準はかなり安定しています。

ザ・ビートルズのタックスマンを意識したと思わせる「スタート」(Start)ポール・ウェラーのセンス、才能を強く感じさせる名曲「ザッツ・エンターテイメント」(That’s Entertainment)「マン・イン・ザ・コーナー・ショップ」(Man In The Corner Shop)など良い曲が多数収録されています。

「ザ・ギフト」(The Gift) 1982年

Amazon music unlimitedで聴く

ザ・ジャムとして最後のスタジオアルバムとなった今作ですが、出来は相変わらず良いものとなっています。

「ゴースツ」(Ghosts)ファンク調の「プレシャス」(Precious)「5時のヒーロー」(Just Who Is The 5 O’clock Hero)「ランニング・オン・ザ・スポット」(Running On The Spot)ブルース・フォクストン作のインスト曲「サーカス」(Circus)「カーネイション」(Carnation)シングルとしてヒットした名曲「悪意という名の街」(Town Called Malice)など粒ぞろいの名盤です。

「ディグ・ザ・ニュー・ブリード」(Dig The New Breed) 1982年

Amazon music unlimitedで聴く

こちらはライヴ盤で、キャリア全体をさらっと網羅しています。録音は曲によってまちまちのようです。

スピード感あふれるザ・ジャムの熱いライヴを堪能できるアルバムです。

「スナップ!」(Snap!) 1983年

Amazon music unlimitedで聴く

こちらはベストアルバムですが、アルバムには収録されていないシングル曲、そのカップリング曲(B面)バージョン違いなどが多数収録されているので無視のできないマストアイテムと言えるでしょう。

Disc1は「オール・アラウンド・ザ・ワールド」(All Around The World)「ニュース・オブ・ザ・ワールド」(New Of The World)「ストレンジ・タウン」(Strange Town)「ホエン・ユー・アー・ヤング」(When You’re Young)がオリジナルアルバム未収録。

Disc2はシングルでヒットした名曲「ゴーイング・アンダーグラウンド」(Going Underground)「ドリームズ・オブ・チルドレン」(Dreams Of Children)「フューネラル・パイアー」(Funeral Pyre)「アブソリュート・ビギナーズ」(Absolute Beginners)「リヴァーバンク物語」(Tales From The Riverbank)「ザ・ビタレスト・ピル」(The Bitterst Pill “I Ever Had To Swallow)「ビート・サレンダー」(Beat Surrender)がアルバム未収録となっております。

「エクストラズ」(Extras) 1992年

Amazon music unlimitedで聴く

こちらはアルバム未収録のデモ音源を集めたレアトラック集です。

カーティス・メイフィールドのカヴァー「ムーヴ・オン・アップ」(Move On Up)後にスタイル・カウンシルのシングルとして発表される「ソリッド・ボンド・イン・ユア・ハート」(A Solid Bond In Your Heart)ザ・ビートルズの「アンド・ユア・バード・キャン・シング」(And Your Bird Can Sing)ザ・フーの「ディスガイジズ」(Disguises)「ソー・サッド・アバウト・アス」(So Sad About Us)スモールフェイセズの「ゲット・ユア・セルフ・トゥゲザー」(Get Yourself Together)シャイライツの「ストーンド・アウト・オブ・マイ・マインド」(Stoned Out Of My Mind)ジェームス・ブラウンの「アイ・フィール・グッド」(I Got You “I Feel Good”)、そして貴重なデモ音源が満載で聴き逃せないアルバムです。

「ザ・ジャム・アット・ザ・BBC」(The Jam At The BBC) 2002年

BBCでのスタジオライヴを収録したアルバムです。

どの録音もバージョン、アレンジが良く、素晴らしいテイクが目白押しです。初期からほぼ全キャリアを網羅しています。

3枚組のバージョンがあり、それには79年のレインボーでのライヴが収録されているのですが、それが非常に素晴らしく評価の高いライヴ盤となっています。

なので出来るだけ3枚組のバージョンを購入されることをおすすめします。中古で安価なものを手に入れていただきたいと思います。

1982年にザ・ジャムが解散したのち、ポール・ウェラーはザ・スタイル・カウンシルを結成しますが、そちらも非常におすすめです!

•ザ・スタイル・カウンシルの記事はコチラです。

ザ・スタイル・カウンシル(The Style Council)の名盤アルバム、名曲を紹介! 【ロック解説】
ポール・ウェラーが中心となって活動したバンド、ザ・スタイル・カウンシル(The Style Council)のアルバム、名曲を紹介。

•他のロック紹介の記事はコチラです。

ザ・フー(The Who)の名盤アルバム、名曲を紹介! 【ロック解説】
最高のロックバンドであるザ・フー(The Who)の名盤アルバム、名曲を紹介。キース・ムーン在籍時のアルバムを紹介しています。
ザ・クラッシュ(THE CLASH)の名盤アルバム、名曲を紹介! 【ロック解説】
初期パンクを代表するバンド、ザ・クラッシュの名盤アルバム、名曲を紹介。
初期ロンドン・パンクの名盤、名曲を紹介! セックス・ピストルズ、ダムド、スペシャルズ 【ロック解説】
初期ロンドンパンクの名盤を紹介します。セックスピストルズ、ダムド、スペシャルズの名盤アルバムを紹介しています。
ドクター・フィールグッド(Dr.Feelgood)の名盤アルバム、名曲を紹介! 【ロック解説】
ドクター・フィールグッドの名盤アルバムを紹介します。「ダウン・バイ・ザ・ジェティー」、「不正療法」、「殺人病棟」などウィルコ・ジョンソン在籍時のアルバムとドキュメンタリー映画の「オイル・シティ・コンフィデンシャル」を紹介しています。
ザ・パイレーツ(THE PIRATES)のアルバム、名曲を紹介! 【ロック名盤】
パブロック、パンクロックに影響を与えたザ・パイレーツのアルバム、名曲を紹介します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました