井上尚弥がロドリゲスを破りWBSS(ワールドボクシング・スーパーシリーズ)の決勝進出! 【ボクシング 試合結果】

さて、今回は2019年5月18日(日本時間19日)にイギリス、スコットランドのグラスゴーにあるSSEアリーナで行われたWBSS(ワールドボクシング・スーパーシリーズ)バンタム級準決勝、エマヌエル・ロドリゲスvs井上尚弥の試合結果と感想についての記事になります!

自分はこの試合をフジテレビで視聴しました。ちなみにWOWOWでは19日の早朝4:30から生中継されました。

WBSS(ワールドボクシング・スーパーシリーズ)バンタム級準決勝はエマヌエル・ロドリゲスvs井上尚弥の注目の一戦

各団体の世界王者が参加し、トーナメントで最強を決めるWBSS(ワールドボクシング・スーパーシリーズ)バンタム級の準決勝はエマヌエル・ロドリゲスvs井上尚弥の注目の一戦となりました。

井上尚弥のWBSS1回戦の記事はコチラです。

井上尚弥 WBSS(ワールドボクシング・スーパーシリーズ) 1回戦を衝撃のKOで突破! 【ボクシング 試合結果】
2018年10月7日に行われたWBA世界バンタム級タイトルマッチ、WBSS(ワールドボクシング・スーパーシリーズ)1回戦、井上尚弥vsファンカルロス・パヤノとWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ、拳四朗vsミラン・メリンドの試合結果と感想です!

エマヌエル・ロドリゲスはプエルトリコのボクサーで19戦全勝、12KOの戦績を誇っており、今大会で井上の最大の強敵と目されています。なのでこの一戦はWBSSの事実上の決勝戦であると見る向きがあります。

ロドリゲスはIBFの王者でこの試合で3度目の防衛戦となります。WBA王者である井上とのこの試合では王座統一戦とはなりませんでした。理由はWBAにはスーパー王座というものがあり、それをノニト・ドネアが保持しているためだということです。

この試合で井上が勝てばWBA王座の2度目の防衛、IBF王座奪取となり、ロドリゲスが勝てばIBF王座3度目の防衛、WBA王座は空位となります。

この試合ではリングマガジン王座もかけられています。リングマガジン王座はある意味その階級最強の証明ともなる王座です。

エマヌエル・ロドリゲスvs井上尚弥 試合結果と感想

非常に緊張感のある打ち合いを1ラウンドから見せます。ロドリゲスのプレッシャーがうまく作用している印象があり、今回ばかりは井上も苦戦してしまうのではという立ち上がりでした。

2ラウンドは立ち上がりから井上のワンツーがロドリゲスを捕らえます。そして打ち合いの中での井上の左フックがロドリゲスの顔面にヒットしてダウンを奪います。立ち上がってきたロドリゲスをボディーで2度倒し、TKOで井上の勝利となりました。

毎度のことですが井上の強さに言葉がありません。

試合後に決勝の相手であるノニト・ドネアがリングに上がり、井上との対戦は運命だと語っていましたが、その運命は2012年の西岡利晃vsノニト・ドネアのスーパーバンタム級タイトルマッチから始まっているような気がします。

西岡利晃の最後の相手となったドネアが時を経て井上尚弥と対戦するというのはまさしく時代をかけた運命の一戦です。

ちなみにこの試合が行われた5月18日は黄金のバンタム、エデル・ジョフレからファイティング原田が世界バンタム級王座を奪取した記念すべき日だそうです。

そんな日に同じバンタム級で素晴らしい試合を見せてくれた井上尚弥に感謝しています。

WBSSは存続の危機だとかいう話題があったりして不安がありますが、早期で適切な時期に井上尚弥vsノニト・ドネアを開催してもらいたいものです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました