BOSS SUPER OverDrive SD-1(ボス スーパーオーバードライブ)を紹介! 使い方や電源は 【エフェクター】

さて、今回はエレキギターの歪み系エフェクターであるBOSS SUPER OverDrive SD-1(ボス スーパーオーバードライブ)を紹介した記事になります!

この記事は、BOSS SUPER OverDrive SD-1の紹介、使い方や電源についてといった内容となっています。

歪み系エフェクターの大定番 BOSS SUPER OverDrive SD-1とは

BOSSSUPER OverDrive SD-1(スーパーオーバードライブ)は1981年に発売されて以来、歪み系エフェクターの定番として様々なギタリストに幅広く使用されています。

中音域が強調されているのが特徴で、どこか温かみがあるサウンドという印象があります。

そもそもはOverDrive OD-1にトーンコントロールを付けてほしいとの要望により、OD-1の後継機として発売されました。

OD-1は1985年に生産終了となりましたが、根強い人気を誇っていてプレミアがついた状態で中古市場に出回っています。

1997年にはOverDrive OD-3というモデルが発売されています。

回路からいってSD-1がOD-1の正統後継機であり、OD-3は新しいエフェクターであると言えるでしょう。

自分はSD-1を購入するときにOD-1と弾き比べましたが、若干SD-1のほうが好みでした。

かなり微妙な差だったと記憶しています。どちらがいいとはっきり言えないところがあるので、購入される方は弾き比べてみることをおすすめします。

同じくBOSSの定番エフェクターであるBlues Driver BD-2(ブルースドライバー)と比べると歪み幅はかなり小さいです。

BD-2のほうが幅広い歪みをつくることができますが、高音域が強調されているのでややパリッとしたサウンドの印象があります。

単純にドライブのサウンドだけとればSD-1のほうがいい音であるかと思います。

•Blues Driver BD-2を紹介した記事はコチラです。

BOSS Blues Driver BD-2(ボス ブルースドライバー)を紹介! 使い方や電源は 【エフェクター】
BOSSの歪み系コンパクトエフェクターであるBlues Driver BD-2を紹介。使い方や電源について。

SD-1は基本的なドライブサウンドを得ることができるので、初めて購入するエフェクターとしても大変おすすめです。

SUPER Over Drive SD-1の使い方

SUPER OverDrive SD-1にはLEVEL、DRIVE、TONEの3つのツマミが付いていて、これらを調整することによってサウンドをつくっていきます。

LEVELは音の大きさ、DRIVEは歪みの強さ、TONEは音質の調整となっています。

まずはすべてのツマミを12時の位置にセットして、そこから好みの音をつくっていくのがいいでしょう。

SUPER OverDrive SD-1はブースターとしても効果を発揮できるエフェクターです。

DRIVEのツマミを9時あたりに合わせて歪みを抑えることで、ブースターとして音を前に出すことができます。

ソロを弾く時に大きな効果を発揮します。

動画でSD-1のサウンドを紹介しているので是非ご覧ください!

【試奏動画】 BOSS SUPER Over Drive SD-1の音 【エフェクター】

SUPER OverDrive SD-1の電源について

SUPER OverDrive SD-1の電源はDC9Vとなっています。

9V形の乾電池かDC9V出力のACアダプターを使用する必要があります。

乾電池とACアダプターでは若干サウンドが違うらしいので、余裕がある方は試してみるのもいいかもしれません。

自分は電池を交換するのが面倒なのでACアダプターを使用しています。

この記事がSUPER OverDrive SD-1を購入しようとしている方の参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました