ザ・スタイル・カウンシル(The Style Council)のアルバム、名曲を紹介! 【ロック名盤紹介】

さて、今回はロック名盤紹介、ザ・スタイル・カウンシル(The Style Council)のアルバム、名曲を紹介します!

この記事は、ザ・スタイル・カウンシルのアルバムとおすすめの名曲の紹介、ポール・ウェラーのソロアルバムを紹介した内容となっております。

ザ・ジャムの解散後にポール・ウェラーが結成したバンド ザ・スタイル・カウンシル

1982年に解散したザ・ジャムのボーカル、ギターのポール・ウェラーはその年の暮れにザ・スタイル・カウンシルを結成します。

•ザ・ジャムの記事はコチラです。

ザ・ジャム(THE JAM)のアルバム、名曲を紹介! 【ロック名盤紹介】
ロンドンパンクのバンドであるザ・ジャム(The Jam)の名盤アルバム、名曲を紹介。

ザ・スタイル・カウンシルのメンバーは流動的でありましたが、中心となっていたのはポール・ウェラーと主にオルガン、シンセサイザーを担当していたミック・タルボットです。

非常にお洒落かつスタイリッシュな音楽性で1990年の解散までに人気を博しました。

ザ・スタイル・カウンシルの名盤アルバム、名曲を紹介

では、ザ・スタイル・カウンシルの2枚のアルバムを紹介していきます。

「カフェ・ブリュ」(Cafe Bleu) 1984年

「カフェ・ブリュ」は非常に素晴らしい名盤です。ザ・ジャムの後期には片鱗こそありましたが、大きな変貌を遂げています。

「ミックス・ブレッシング」(Mick’s Blessings)などのインスト曲が多数収録されています。

代表曲の「マイ・エヴァ・チェンジング・ムーズ」(My Ever Changing Moods)「ユーアー・ザ・ベスト」(You’re The Best Thing)も素晴らしいです。

とてもおすすめのアルバムです。

Amazon music unlimitedで聴く

「マイ・エヴァ・チェンジング・ムーズ」のライヴ映像です。

The Style Council – My Ever Changing Moods

「アワ・フェイヴァリット・ショップ」(Our Favourite Shop) 1985年

「アワ・フェイバリット・ショップ」は前作である「カフェ・ブリュ」の流れを引き継いだ感じとなっています。

「ロジャース」(The Lodgers “Or She Was Only The Shop Keepers Daughter”)「タンブリング・ダウン」(Wall Come Tumbling Down)など良い曲が揃っています。

ザ・スタイル・カウンシルはお洒落なイメージが強いですが、「シャウト・トゥ・ザ・トップ」(Shout To The Top)などを聴くと熱さを内包したバンドだということがよく分かります。

Amazon music unlimitedで聴く

ポール・ウェラーのソロアルバムを紹介

ザ・スタイル・カウンシルは1989年頃に活動を停止し、その後ポール・ウェラーはソロ活動を開始します。

「モダン・クラシックス」(Modern Classics) 1998年

自分はポール・ウェラーのアルバムをそれほど所有しておらず、このベストアルバムである「モダン・クラシックス」をよく聴いているのですが、いつ聴いてもいい感じです。

ザ・ジャムやザ・スタイル・カウンシルの要素を程よく含んで良質な、いわゆるブリットポップを聴かせてくれるこのアルバムはおすすめです。

Amazon music unlimitedで聴く

ザ・スタイル・カウンシル、ポール・ウェラーのアルバムはおすすめですので、ザ・ジャムとあわせて聴いてみることをおすすめします!

•別のロック紹介記事はコチラです。

ザ・クラッシュ(THE CLASH)の名盤アルバム、名曲を紹介! 【ロック名盤紹介】
初期パンクを代表するバンド、ザ・クラッシュの名盤アルバム、名曲を紹介。
初期ロンドン・パンクの名盤、名曲を紹介! セックス・ピストルズ、ダムド、スペシャルズ 【ロック名盤紹介】
初期ロンドンパンクの名盤を紹介します。セックスピストルズ、ダムド、スペシャルズの名盤アルバムを紹介しています。
ボブ・ディランのアルバム、名曲を年代別に紹介! 【ロック名盤紹介】
ボブ・ディラン(Bob Dylan)の名盤アルバム、名曲を年代別に紹介します!
ローリングストーンズのアルバム、ライブ盤、名曲を紹介! 【ロック名盤紹介】
ロックバンドの手本とも言うべきザ・ローリング・ストーンズの名盤を紹介します!スティッキー・フィンガーズ、メイン・ストリートのならず者、ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!など。

コメント

タイトルとURLをコピーしました