ザ・さんくろうどの蔵生(くらなま)を紹介! 【北海道 旭川 名産品】

さて、今回は北海道旭川の名菓であるザ・さんくろうどの蔵生を紹介します!

この記事は、ザ・さんくろうどの蔵生の紹介、購入して実際に食べた感想といった内容となっています。

しっとり生チョコサブレの蔵生(くらなま)

蔵生(くらなま)は北海道旭川市の菓子メーカーであるロバ菓子司の工房であるザ・さんくろうど(The Sun 蔵人)のお菓子です。

いまや北海道土産の定番のひとつとして知られた存在となっています。

蔵生は北海道産の小麦粉とビートグラニュー糖を100%使用したサブレです。

非常にしっとりとしていて薄くつくられたサブレとなっています。

蔵生には「黒」と「白」があって、黒はビター生チョコ、白はホワイト生チョコがサンドされています。

また新しい味として「アーモンド」もあります。

蔵生を購入 実際に食べた感想、賞味期限は

自分は黒と白が3枚づつ入った詰め合わせを購入しました。価格は702円でした。

2種類の味が楽しめるのでおすすめです。

食べた感想としては、カントリーマアムに近いという印象でした。

上質なカントリーマアムを平べったくしたという感じです。カントリーマアムよりもチョコレートを感じることができます。

黒も白も上質で美味しかったです。

賞味期限は60日間で日持ちがするので、お土産には最適です。

一つずつ小分けされているのも職場などへのお土産としてはもってこいでしょう。

気になった方は是非いちどお試しになってみてはいかがでしょうか!

東京で蔵生を購入するには

北海道どさんこプラザの有楽町店、吉祥寺店で蔵生を購入することができます。

•北海道どさんこプラザを紹介した記事はコチラです。

北海道の名産品を東京で購入することのできるアンテナショップの北海道どさんこプラザを紹介!
東京で北海道の名産品を購入することのできるアンテナショップである北海道どさんこプラザを紹介します。

北海道どさんこプラザは北海道の様々な名産品が販売されているのでおすすめです!

•北海道旭川市の名菓である壺屋総本店のき花を紹介した記事はコチラです。

壺屋総本店のき花を紹介! 北海道旭川市のコンセプトショップ、き花の杜も紹介 【北海道 旭川 土産】
手土産に最適な北海道旭川市の壺屋総本店のき花と旭川市にあるコンセプトショップのき花の杜を紹介。

コメント

タイトルとURLをコピーしました