BOSS Blues Driver BD-2(ボス ブルースドライバー)を紹介! 使い方や電源は 【エフェクター】

さて、今回は歪み系エフェクターのBOSS Blues Driver BD-2(ボス ブルースドライバー)を紹介した記事になります!

この記事は、BOSS Blues Driver BD-2の紹介、使い方や電源についてという内容となっています。

BOSS 歪み系の名機であるBlues Driver BD-2とは

日本が誇るエフェクターメーカーであるBOSSの数あるコンパクトエフェクターの中で歪み系の名機として知られるBlues Driver(ブルースドライバー)BD-2

初心者からプロまで多くのギタリストに愛用されています。

BOSSの歪み系のコンパクトエフェクターであるOver Drive OD-3Super Over Drive SD-1と比べてGAIN(歪み)の可変域が広いのが特徴で、軽い歪みのクランチサウンドや深い歪みのディストーションサウンドに近い音を出すことができるのがBlues Driver BD-2の特徴です。

Blues Driver BD-2はOD-3やSD-1に比べて高音域が強調されたサウンドであることも特徴のひとつです。

BOSSのコンパクトエフェクターは頑丈で使い勝手がよく、価格も比較的安価なのでおすすめです。

特にBlues Driver BD-2は初めて購入する歪み系エフェクターとしては大変おすすめです。

Blues Driver BD-2の使い方

Blues Driver BD-2にはLEVELGAINTONEの3つのツマミがついており、それを調整することでサウンドを作っていきます。

簡単に説明すると、LEVELは音の大きさ、GAINは歪みの強さ、TONEは音質の調整となっています。

まずは3つのツマミを12時にセットして音を出し、そこからそれぞれのツマミを調整して好みの音を作っていくのが良いでしょう。

LEVELを上げすぎるとハウリングを起こしますし、TONEを上げすぎると音がキンキンしてきます。

LEVELもTONEもやや絞り気味というのが一般的なセッティングとなっているようです。

動画でBlues Driver BD-2のサウンドを紹介しているので、是非ご覧下さい!

【試奏動画】 BOSS Blues Driver BD-2の音【エフェクター】

Blues Driver BD-2の電源について

Blues Driver BD-2の電源はDC9Vとなっています。

9V形の乾電池か、DC9V出力のACアダプターを使用する必要があります。

乾電池とACアダプターでは若干サウンドが違うという話も聞いたことがあるので、余裕がある方は比較してみるのもいいかもしれません。

ACアダプターのほうが使い勝手がいいので、自分はACアダプターを使用しています。

この記事がBlues Driver BD-2を購入しようとしている方の参考になれば幸いです!

•SUPER OverDrive SD-1を紹介した記事はコチラです。

BOSS SUPER OverDrive SD-1(ボス スーパーオーバードライブ)を紹介! 使い方や電源は 【エフェクター】
BOSSの歪み系エフェクターの定番であるSUPER OverDrive SD-1(スーパーオーバードライブ)を紹介。使い方や電源について。

コメント

タイトルとURLをコピーしました