初心者のエレキギター選びとアンプなどの必要なアクセサリーを紹介!

さて、今回は初心者のエレキギター選びと最初に買い揃えるべきアクセサリーを紹介します!

初心者はどのようなエレキギターを選べばいいのか

これから初めてエレキギターを購入しようとしている人はどのようなギターを選べばいいのか?

まず最初に検討するべきは「自分の好きなギタリストと同じモデル」です。

そもそもギターをやりたいと思ったということは憧れのバンドやギタリストがいて、「自分もこのようにギターを弾いてみたい、この曲を演奏してみたい」と考えたからなのではないでしょうか。

そうであるなら同じタイプのギターを選ぶのはまず最初の選択肢であると言えるでしょう。

しかしながらプロのギタリストと全く同じモデルは非常に高価であることが多く、ヴィンテージギターを使用していることも多々あります。

最初からそこまで高価なギターを購入する必要はないので、同じ形のギターを選べばいいと思います。

好きなギタリストが変な形のギターを使っているという場合などはそれに近い音が出るギターを選べば良いのではないでしょうか。

そういった要素を考慮しつつも、最初に選ぶギターは基本的なものである事が肝心です。

そこでおすすめしたいのが、フェンダーのストラトタイプ、テレキャスタータイプ、そしてギブソンのレスポールタイプです。

これらのタイプで非常に安価な商品もありますが、ピックアップが弱く練習スタジオなどの大きなアンプで音を出した時に大きい音が出ないということがあるので注意が必要です。

もちろん安いギターだから上達しないということはなく、徹底的に安いギターから始めることで良いギターを弾いたときに感動を味わえるということもあります。

自分も最初は1万円ぐらいのストラトキャスタータイプのギターを譲り受けてそれで練習していました。

チューニングが合わないだとか正しい音が出ないギターは論外です。

ここではある程度のグレードのギターを紹介していきたいと思います。

まず紹介するのはフェンダー テレキャスターです。非常にシンプルでコードをかき鳴らすのに適したギターと言えるでしょう。

自分も94年製のフェンダーUSA、アメリカンヴィンテージシリーズのテレキャスターを所有しています。

フェンダー ストラトキャスターはテレキャスターを進化させたモデルで、ピックアップがテレキャスターの2つに対し、3つ付いていて音のバリエーションを多く選択することができます。

トレモロアームも付いていますし、ボディも体にフィットする形になっています。

正に万能型といえるギターです。

次はレスポールを紹介するのですが、ギブソン製は非常に高価なので、直系のメーカーであるエピフォンのレスポールを紹介します。

レスポールはストラトキャスターなどのシングルコイルピックアップに対して、ハムバッカーと呼ばれるピックアップが付いています。ハムバッカーはピックアップがダブルになっているので音が太くなるのが特徴です。歪ませた時などはシングルコイルピックアップよりもハードな音となります。

あと、レスポールはミディアムスケールなので、ストラトキャスターなどのロングスケールのギターよりも弦の長さが短くなり、弦のテンションも柔らかくなります。

上記に紹介したグレードのギターであれば問題なく使えるものであるはずなので、これを目安にギターを選んでもらえればと思います。

こちらの石橋楽器でも様々なギターを見ることができます。

ここまでAmazonなどのリンクを張ってはいますが、ギターを購入する際は実際に楽器店に行って弾いてみることが必要です。

ネックの太さや本体の重さ、弾いた感触や音を確かめ、ストラップを付けてそのギターを身に着けた自分の姿を鏡で見て似合っているかどうかを確認することが重要です。

ある程度ギターの種類に目星を付けて中古で探すというのもひとつの手です。

高価なものなのでしっかりと吟味して自分の納得のいくギターを手に入れていただきたいと思います。

この記事の内容がその手助けのひとつとなれば幸いです!

エレキギターを始めるにあたって必要なアクセサリーを紹介

エレキギターを始めるにあたって必要なアクセサリーを自分の使用している、もしくは使用したことのある経験をもとに紹介していきたいと思います!

弦とチューナー ピック

何といっても必要なのはです。

様々な種類がありますが、自分はダダリオのEXL115を使用しています。1弦11、6弦49で少し太めです。

ここではダダリオのEXL110を紹介します。一般的な太さの弦です。

レスポールなどのミディアムスケールのギターであれば弦のテンションが弱くなるため少し太めの弦を張るのもいいかと思います。

弦の張り替え方や便利なツールなどはこちらで紹介しているのでご覧いただければと思います。

フェンダー テレキャスターの弦交換を紹介! 【エレキギター】
フェンダー テレキャスターの弦交換、その際に役立つツールを紹介した記事になります。

張った弦の音を合わせるためにはチューナーが必要です。

チューナーも安価なものを始め様々な種類があります。スマートフォンのアプリなどでもチューナーがあるのでそれでチューニングすることもできるのですが、長い目で見るとしっかりとしたチューナーを持っていたほうが良いでしょう。

ちなみに自分はBOSSのTU-8というチューナーを使用しています。

現状これに近いTU-12EXというチューナーを紹介しておきます。

あと、ギターを弾くにあたってピックが必要になってきます。

もちろんピックが無くても弾くことはできますが、一般的な奏法をする場合は必要であるといえます。

ピックにはあらゆる形や硬さがありますが、ティアドロップという形、硬さはミディアムかヘビーが一般的です。

自分はフェンダー、ティアドロップ型のヘビーを使用しています。

1枚100円ほどなので、いくつかのピックを試して自分にあったものを見つけていけばいいと思います。

アンプ シールド

エレキギター本来の音を出すためにはアンプが必要になります。

アンプも様々な種類があり、出力も様々です。

家で使用する分には10Wで十分だと思います。それ以上の出力を持ったアンプだと音が大きすぎて家で音を出すのが厳しいのではないでしょうか。

ここではフェンダーとマーシャルのアンプを紹介しておきます。

フェンダー、マーシャルといったメーカーのものなのである程度満足のいく音であると思います。

どちらもクリーンとドライブサウンドを出すことができます。

ちなみに自分はVOXのアンプを使用しています。

デザインが良く、音もしっかりしているので気に入っています。

出来ることならアンプも楽器店で実際に音を出してみることをおすすめします。

アンプとギターを繋ぐためにはシールド(ケーブル)が必要になります。

シールドも様々な種類があり、価格も様々です。あまりにも安いシールドは音が良くないだけでなく耐久性にも不安があるのであまりおすすめできません。

長さは5mあると不自由しません。

自分はBELDENのシールドを使用しています。

価格はちょっと高めですが質は間違いなく、満足して使用しています。

ギターケース スタンド

ギターケースは基本的にギターを購入すれば付属していますが、自分はRITTERのギターケースを使用していて使いやすいので紹介しておきます。

付属しているギターケースよりも厚みがあってギターをしっかりと保護できるのでおすすめです。

あと、意外に重要なのがギタースタンドです。

ギターをそのまま壁に立てかけるとネックに負担がかかりますし、ギターや壁に傷がついてしまいます。

ケースにいちいちしまっていてはすぐに手に取って弾けないので上達の妨げになるような気がします。

そういった部分でギタースタンドは必須であると考えています。

ここまで色々なギターのアクセサリーを紹介してきましたが、必ずしもすぐに買い揃える必要はないのでゆっくりと吟味して揃えていけばいいと思います。

この記事がこれからギターを始めようとしている方の参考になれば幸いです!

エレキギター用のミニアンプを紹介した記事はコチラです。

エレキギター用のミニアンプを紹介! フェンダー、マーシャル、VOX、オレンジなど【おすすめ】
エレキギター用のミニアンプを紹介。フェンダー、マーシャル、VOX、オレンジ、ブラックスターのミニアンプを紹介しています。

東京御茶ノ水の楽器街を紹介した記事はコチラです。

御茶ノ水楽器街のおすすめギター店を紹介! ギタープラネット、下倉楽器、イシバシ楽器、クロサワ楽器
東京の御茶ノ水楽器街を紹介。ギタープラネット、下倉楽器、イシバシ楽器、クロサワ楽器を紹介しています。

フェンダーカスタムショップ、ノーキャスターを紹介した記事はコチラです。

フェンダーカスタムショップのノーキャスターを購入 その特徴を紹介! 【エレキギター】
フェンダーカスタムショップのノーキャスターを購入、紹介した記事になります。その特徴と弾いた感想。

コメント

タイトルとURLをコピーしました