レッド・ツェッペリン、ジミー・ペイジのギターリフを紹介!

さて、今回はレッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)、ジミー・ペイジ(Jimmy Page)のギターリフを紹介した記事になります!

この記事は、レッド・ツェッペリンでのジミー・ペイジのギターリフとその弾き方を紹介した内容となっています。

レッド・ツェッペリンでのジミー・ペイジのギターリフとその弾き方を紹介

最強のロックバンドともいえるレッド・ツェッペリンは、印象的なギターリフを用いた楽曲が多いのが特徴です。

レッド・ツェッペリンのギタリストであるジミー・ペイジが考え出したギターリフにジョン・ボーナムのドラム、ジョン・ポール・ジョーンズのベース、ロバート・プラントのボーカルが合わさることで至高の楽曲が作り出されていきました。

この記事ではギターリフが印象的な曲の紹介と、その弾き方の説明、そして弾き方を紹介した動画も載せていますので是非とも参考にしてみて下さい!

コミュニケイション・ブレイクダウン(Communication Breakdown)

コミュニケイション・ブレイクダウンはファーストアルバムであるレッド・ツェッペリンⅠに収録されています。

コミュニケイション・ブレイクダウンのミュージックビデオです。

シンプルですがスピード感があってかっこいいギターリフです。

メインリフは、6弦開放のブリッジミュートから始まってDコード、Aコードのストロークとなっています。

その後には5、6弦の低音弦でのロックンロール定番バッキングフレーズにコードストロークを盛り込んだものとなっています。その時のコードはA7とB7です。

コミュニケイション・ブレイクダウンのギターリフを紹介した動画ですので参考にしてみて下さい!

胸いっぱいの愛を(Whole Lotta Love)

胸いっぱいの愛をはセカンドアルバムであるレッド・ツェッペリンⅡに収録されています。

胸いっぱいの愛をのミュージックビデオです。

胸いっぱいの愛をは初期のレッド・ツェッペリンを代表する曲として知られています。ライヴでは途中で往年の名曲を挟んでメドレーとして演奏されるのも特徴です。

Eコードを基調としていて、5弦5フレットのクォーターチョーキングと4弦開放を合わせたフレーズや、4弦9フレット、5弦7フレットのEのパワーコードと6弦開放のブリッジミュートを合わせたフレーズなどはジミー・ペイジらしい優れたフレーズだと思います。

胸いっぱいの愛をのギターリフを紹介した動画なので、是非とも参考にしてみて下さい!

ハートブレイカー(Heartbreaker)

ハートブレイカーもレッド・ツェッペリンⅡに収録されています。

ハートブレイカーのミュージックビデオです。

単音でのフレーズとなっていて、これぞギターリフといったものとなっています。

それほど難しくはないので、初心者の方の入門フレーズとしても最適だと思います。弾いていて楽しいので、繰り返し弾いて楽しみながら練習してみてほしいと思います。

A、Dのコードストロークもあるので、コードを押さえる練習にもなります。

ハートブレイカーのギターリフを紹介した動画なので、参考にしてみて下さい!

移民の歌(Immigrant Song)

移民の歌はレッド・ツェッペリンⅢに収録されています。

移民の歌のミュージックビデオです。

プロレスラーのブルーザー・ブロディの入場曲に使用されていたので、それでご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

F#mのリフで、6弦2フレットと4弦4フレットのF#の音のみで構成されています。

非常にシンプルですが、ピッキングが変則的でなかなか難しいです。6弦2フレットをダウン、ダウン、アップ、4弦4フレットをダウン、6弦2フレットをアップ、アップといったピッキングとなります。

ピッキングの練習に適したフレーズだと思います。

A、Eコード、A、B、Cコード、C9コードのストロークのフレーズもあるのでコードを押さえる練習にもなります。

移民の歌のギターリフを紹介した動画なので、参考にしてみて下さい!

ブラック・ドッグ(Black Dog)

ブラック・ドッグはレッド・ツェッペリンⅣに収録されています。

ブラック・ドッグのライヴ映像です。

ブラック・ドッグはギターリフの塊といった曲となっています。

Aのペンタトニックスケールを基調に作られたリフです。

メインのリフ、単音を中心としたリフ、リズムを強調してコードストロークを織り交ぜた3つのリフが基本となっています。

リズムが少し独特なので、練習にもなることでしょう。

ブラック・ドッグのギターリフを紹介した動画なので、参考にしてみて下さい!

さて、ここまでレッド・ツェッペリン、ジミー・ペイジのギターリフを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

ジミー・ペイジのギターリフに総じて言えるのは、ダウン、アップのオルタネイトピッキングで流れるように弾くことが大事なのではないかと思っています。

今後、またさらにレッド・ツェッペリンのギターリフを紹介していこうと思っていますのでよろしくお願いします!

・レッド・ツェッペリンのアルバムを紹介した記事はコチラです。

レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)の名盤アルバム、名曲を紹介! 【ロック解説】
後のハードロックに多大な影響を与えたレッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)の名盤アルバム、名曲を紹介。

・ジミー・ペイジなど、レスポールを使用したギタリストを紹介した記事はコチラです。

・ギターリフがかっこいい曲を紹介した記事はコチラです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました