鼻毛カッターはパナソニックのER-GN11がおすすめ! 【エチケットカッター】

さて、今回はパナソニックの鼻毛カッター(エチケットカッター)を紹介した記事になります!

この記事はパナソニックの鼻毛カッター(エチケットカッター)であるER-GN11の紹介、その旧機種であるER-GN10の使用レビューといった内容となっています。

パナソニックの鼻毛カッター(エチケットカッター)であるER-GN11を紹介

今まで自分は鼻毛をハサミで切っていたのですが、どうもうまく切れなくて効率的ではないので鼻毛カッター(エチケットカッター)を購入することにしました。

Amazonで探してみたところ、パナソニック(Panasonic)のER-GN10という商品が良さそうだったので購入してみました。

購入したから気付いたのですが、ER-GN10はリニューアルしていてER-GN11という商品が最新版だったのでちょっと失敗してしまいました。

ER-GN10とER-GN11の違いは、新しい型のER-GN11にはカットした毛を吸引する機能が追加されていることと、付属しているブラシが大きくなっていることぐらいのようです。

後ほどER-GN10のレビューがありますが、十分に参考になると思います。

さらに上位グレードの商品もあります。

正直、ER-GN11のグレードで充分であると自分は思います。

替刃もあります。

電源は

ER-GN11の電源は単3乾電池1本です。ちなみに商品には付属しておらず、別売りとなっています。

充電式ではないので煩わしく感じるかもしれませんが、それほど頻繁に鼻毛をカットするわけではないのでいちど電池を入れればかなりの期間はもつのではないかと思います。

使用していって電池が無くなればまた報告したいと思います!

耳の毛のカット、眉毛、ヒゲの手入れにも効果的

鼻毛のカットのほかにも耳の毛のカットや眉毛、ヒゲの手入れにも活用することができます。

パナソニックの鼻毛カッター(エチケットカッター) ER-GN10をレビュー

ER-GN11の旧タイプであるER-GN10をレビューしていきたいと思います。

長さは15cmほどで持ち運びも苦にならないサイズです。

色は黒、赤、白の3種類あります。

操作はいたってシンプルで、キャップを外して電源を入れるだけです。

キャップの付いている状態だと電源が入らないようになっているので、カバンの中で知らず知らずのうちに電源が入るという事はないでしょう。

電池を入れる部分はこのようになっていて、上蓋に掃除用のブラシが内蔵されています。

刃はこのようになっていて手で触れても安全な設計となっています。

この中に入りこんだ毛をカットしていくというものとなっています。

刃を外すとこのようになっていて、水洗いすることが可能です。

水洗いできるのはこの2つのパーツだけで本体は防水ではないので注意が必要です。

パナソニックの鼻毛カッター(エチケットカッター)を使用した感想は 鼻毛カッターは怖いのか?

実際に使用してみましたが、簡単に鼻毛をカットすることが出来て大満足でした。

鼻の中が血だらけになっていまうのではという怖さを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

自分も初めは恐る恐るカットをはじめましたが、そんな感じでカットしても充分な効果がありました。

極端な話、鼻から飛び出ている鼻毛をカットできればいいのでそこまで鼻の中に深く入れる必要もありません。

細かい塵などの侵入を防ぐために鼻毛は必要なので、入口付近の鼻毛だけを処理すれば良いでしょう。

カッターの先端を強く皮膚に押し付けるのは危険な感じがするのでお勧めできません。

眉毛の手入れにも使用してみましたが、眉の形を整えるには大きく剃れすぎてしまう恐れがあります。

眉毛の周りのムダ毛を処理するのは絶大な効果がありました。

ただ、カミソリで剃るほど深くは剃れないといった感じです。

いちど使用すると刃の中に結構な量の処理された毛が付着しているので、使用した後は刃を外してこまめに水洗いするのが良いと思います。

パナソニックのER-EN11は価格も安く、満足した効果を得ることができるので大変おすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました