北海道のお土産選び おすすめのお菓子を紹介! 【人気、定番】

さて、今回は北海道のお土産としておすすめのお菓子を紹介します!

この記事は、北海道の石屋製菓、ロイズ、壺屋総本店、六花亭、ルタオを紹介した内容となっています。

北海道に訪れた際のお土産に人気、定番のお菓子を紹介

北海道に訪れた際、家族や職場へのお土産は何を購入すればいいのかという悩みはつきものです。

特に北海道のお菓子は多くの種類があって、空港などでお土産を購入しようと思っても迷ってしまいます。

この記事では定番で美味しいお菓子を紹介しておりますので、少しでもお土産選びの手助けとなれば幸いです。

石屋製菓の美冬(みふゆ)

美冬は北海道土産の定番中の定番である白い恋人のメーカーである石屋製菓が白い恋人の次なるお菓子としてつくられた商品です。

美冬を詳しく紹介した記事はコチラです。

北海道土産は白い恋人で有名な石屋製菓の美冬(みふゆ)がおすすめ!
白い恋人でお馴染みの石屋製菓のお菓子である美冬(みふゆ)を紹介。購入して実際に食べた感想や、賞味期限などについて。

ミルフィーユの美味しいチョコレート菓子で食べ応えもあります。日持ちという点でも問題ありません。

ロイズ(ROYCE’)のチョコレート

札幌のチョコレートメーカーであるロイズ(ROYCE’)もおすすめです。

代表的な商品である生チョコレートは大変美味しくておすすめですが、要冷蔵なところが欠点です。長時間持ち歩く際は保冷剤が必要になってしまいます。

他にも色々なチョコレート製品があり、ポテトチップチョコレートなどもおすすめです。

ロイズの商品を詳しく紹介した記事はコチラです。

ロイズの人気チョコレートを紹介! 生チョコレート、ポテトチップチョコレートなど 【北海道 土産】
北海道のお土産としておすすめのロイズ(ROYCE')のチョコレートを紹介します。

壺屋総本店のき花

旭川の菓子メーカーである壺屋総本店のき花もおすすめです。

き花を詳しく紹介した記事はコチラです。

旭川の土産には壺屋総本店のき花がおすすめ! コンセプトショップのき花の杜も紹介
手土産に最適な北海道旭川市の壺屋総本店のき花と旭川市にあるコンセプトショップのき花の杜を紹介。

ホワイトチョコをアーモンドガレットで挟んだお菓子で、日持ちや持ち運びをほとんど気にする必要がないので手土産には最適です。

六花亭のマルセイバターサンド

帯広の菓子メーカーである六花亭のマルセイバターサンドもおすすめです。

マルセイバターサンドを詳しく紹介した記事はコチラです。

北海道土産は六花亭のマルセイバターサンドがおすすめ! ストロベリーチョコ、マルセイキャラメルも紹介
お土産におすすめの北海道帯広市の名菓である六花亭のマルセイバターサンド、ストロベリーチョコ、マルセイキャラメルを紹介。六花亭札幌本店の紹介もしています。

六花亭特製のビスケットにホワイトチョコレート、バター、レーズンを挟んだマルセイバターサンドは独特の味わいです。

こちらも日持ち、持ち運びを気にすることがないので手土産に最適です。

ルタオ(LeTAO)のドゥーブルフロマージュ

小樽の洋菓子店であるルタオ(LeTAO)のチーズケーキであるドゥーブルフロマージュも大変おすすめです。

しかしながら、ドゥーブルフロマージュは冷凍保存する必要があるために手土産には厳しいものがあります。

こちらは空港などで購入して宅配という形となります。そういった少々面倒な手順を踏んででも十分に価値がある商品だと思いますので余裕のある方は是非ともお試しになってみてはいかがでしょうか。

ルタオのドゥーブルフロマージュを詳しく紹介した記事はコチラです。

ルタオのドゥーブルフロマージュはお取り寄せがおすすめ! 賞味期限などを紹介【北海道 土産】
北海道小樽市の有名洋菓子店のルタオ(LeTAO)の取り寄せを紹介した記事になります。

ここで紹介したお菓子は定番でどれを選んでも間違いのないものであると思うので、迷った時の参考としていただければ幸いです!

東京で北海道の名産品を購入することのできるアンテナショップの北海道どさんこプラザを紹介した記事はコチラです。

北海道の名産品を東京で購入することのできるアンテナショップの北海道どさんこプラザを紹介!
東京で北海道の名産品を購入することのできるアンテナショップである北海道どさんこプラザを紹介します。

十勝スロウフードの牛とろフレークを紹介した記事はコチラです。

十勝スロウフードの牛とろフレークを紹介! 【北海道 土産】
北海道の名産品である十勝スロウフードの牛とろフレークを紹介した記事になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました